「山會出」って何だろう?

 今は野々村戒三『近畿能楽記』(大岡山書店、1933年)という本を読んでいます。

 古い本なので内容的にも時代遅れな感じもありますし、今となっては説が変わっているようなものも多いのですが、関西の昔の話を取り扱っている本としては貴重なので読んでいます。特に今はなき明治から昭和の関西能楽界の様子を、実際に見聞きしている文章という意味で力強さがあります。

 しかし古い本なので、今は使われないような難しい書き方がされていて、時々辞書を引きながらの読書です。古い史料の引用部分ならともかく、まさか地の文で辞書を引くことになるとは(笑) 例をあげると

「これが恰度勧進能の始まつた頃なので」
「キリの『石橋』をば、『七騎落』の次にくり上げ、四番目に直して、演じて畢つた。這間の消息に就いて『舞曲拾葉抄』の著者は、左の如く語つて居る」
「その淺野榮足が、怎ういふ人で」
「然し、此の至盛は病身で、捗々しく御能御用を勤むる事も出来ない所から」

という感じです。まあ、読めなくてもだいたいの意味は推測がつくんですが、念のため辞書を引いているという感じです。
 これらは良いとして、読んでいて詰まったのが『福氏門人録』という書物の紹介の部分。福氏、つまり福王家の門弟録なんですが、「中には、姓名のみの者もあるが、大部分は、住處、死亡年月日、山會出の年月などが、記されて居る」とあるんですが。

 「山會出」って何でしょう。一門の定例の会合か何かと想像したんですが、紹介されている中の「酒井市左衛門」という人の場合、「寶永元申年九月ヨリ山會出。元禄午極月十七日門入」とあって、入門より「山會出」の方が早い人などもあって、分からない。

 本のどこにも説明はないし、辞書にも載っていません。ネットで検索してみても小沢一郎氏の政治資金管理団体の「陸山会」関連ばかりひっかかりますし(苦笑) どなたかご存じの方がいらっしゃればお教えください。

※のちにご指摘いただきましたが、宝(寶)永(1704〜1711)よりも「元禄」(1688〜1704)の方が先なんで、「入門より『山會出』の方が早い」というのは、私の「文章に先に出る方が早い年号」という思い込みによる勘違いでした。となると、「一門の定例の会合か何か」なんだと思われますが、決定的なことはやはり分かりません〜。
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 00:57 | - | - | - | - |

TTR能プロジェクト「小鍛冶 黒頭別習」

 伝統芸能「能楽」の注目公演の紹介です。

TTR能プロジェクト春公演「小鍛冶 黒頭別習」
【日時】平成22年2月16日(水) 19時開演
【会場】大阪能楽会館(大阪市北区中崎西2-3-17)
 
 小気味よいテンポで展開する名刀誕生の奇跡譚。見どころ聴き所満載で初心者にも文句なしに楽しめる人気曲です。
 ですが、この「小鍛冶」、「黒頭別習」と小書がつくと、非常に珍しい曲目となります。この難曲のシテを勤めるのは、芸術祭新人賞を取り、乗りに乗っている上田拓司さん。
 地頭には、襲名間もないの片山九郎右衛門さんという力の入った配役です。
 また囃子方ユニットらしく素囃子『延年之舞』や能楽師・河村晴道さんの解説など、見逃せない公演となっています。「難しい」と思われがちな「能」の入門にもぴったりな作品だと思います。
 
チケットの購入など、詳しくは、
http://ttr-noh.dreamlog.jp/

お問い合わせは
mail@ttr-noh.net
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 22:08 | - | - | - | - |

「裏」の意味

 こんにちは、このブログではお久しぶりの柏木ゆげひです。表に出なくなって久しいですが、なんとか元気でやっております。たまにはブログ記事を書いてみようと思います。

 先日、能〈邯鄲〉の謡本を読んでいたところ、宮城の立派さ(夢の中の話なんですけど)を表現する「喩へばこれは。長生殿の"うち"には。春秋を止めたり」とある部分があります。

 この"うち"の文字がどうも読めません。いえ、現行観世流の謡本は丁寧にフリガナがついているので、"うち"と読めるのですが、一体何の字か分からないのです。

続きを読む >>
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 23:29 | - | - | - | - |

突然ですが

 拙サイト「能楽の淵」を開設したのが2003年1月3日。ちょうど今日で5年目です。思ったより長くやっているなぁ、という思います。

 例年ならここで「これからもどうか宜しくお願いいたします」と書くところなんですが、先にmixiの日記では書きましたけれど、思うことがありまして突然ながら、この「能楽の淵」を閉鎖しようかと考えております。

 「能楽の淵」を5年間続けている間に、私の半身と言っても良い大切な存在にまで大きくなりました。「能楽の淵」を通して得ることのできた、多くの人たちの出会いは、私にとって掛け替えのないものです。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 07:36 | - | - | - | - |

とうとうたらりたらりら

春日神社能楽殿

 皆様新年明けましておめでとうございます。

 去年は仕事が全然片付かず、実家に帰る途中の電車内で年が明けてしまいましたが、今年は仕事も早めに終わり、無事年内に実家の町に到着。これなら篠山春日神社の能楽殿で元旦0時から行われる『翁』神事に間に合うなと、駅まで車で迎えに来てくれた妹と父をいきなり誘って、篠山まで行ってきました(笑)

 『翁』は能楽師によって行われますが、能ではなく神事、芸というよりは祈祷です。神体である翁面をかけ、神と一体化した翁大夫が両手を広げてこちら側を向いてくれるだけで、良いなぁと感じます。なんだか今年は良いことがありそうです。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 10:12 | - | - | - | - |

「ヽ」は要りません

 先日、大鼓の稽古に行く前に、この日記を読んでいる知人から言われました。

 「太鼓(たいこ)の稽古に行くんだよね?」

 私がお稽古を受けているのは太鼓(たいこ)ではありません。大鼓(おおつづみ)。「ヽ」は要りません。

 「大鼓」は左の膝の上に横たえて右手で打つ楽器です。能の場合、基本的に小鼓と対応して演奏されるもので、小鼓より大きいから「大鼓」なんですね。一方、「太鼓」は基本的に撥を使って打ち鳴らす楽器です。能で使われるのは、特に締太鼓といわれる種類。どちらも能や歌舞伎で使われています。太鼓のほうは落語囃子でも使われますね。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 12:26 | - | - | - | - |

谷田宗二朗師の訃報

 谷田宗二朗氏(たにだ・そうじろう=能楽高安流ワキ方、本名=宗二郎)29日午前9時30分、食道がんのため京都市の病院で死去、87歳。京都市出身。自宅は公表していない。葬儀は31日正午から京都市中京区西ノ京南大炊御門町10のシティーホール西ノ京玉泉院で。喪主は長男元(はじめ)氏。
 京都の能楽界で後進育成にも努め、2003年に京都市芸術功労賞。
京都新聞電子版より)

 ワキ方高安流の谷田宗二朗師が亡くなられました。1920年生まれ。お父上である谷田民之助の代からのワキ方高安流の家だそうですが、初めワキの芸はご長男が継ぎ、ご次男の宗二朗師は二世茂山千作に師事して狂言方大蔵流の道を歩んでらっしゃいました。

 しかし戦後の1948年、兄上が病死なされ、宗二朗師がワキ方へ転向することに。高安流十三世宗家・高安滋朗および岡次郎右衛門に師事。能を大阪で見ることの多い私は、京都の方である宗二朗師のお舞台を拝見することは決して多くなかったですが、とても好きな演者でした。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 07:17 | - | - | - | - |

先代観世銕之亟師の番組

 明日27日13時からNHK教育で放送される『芸能花舞台』の内容は「伝説の至芸・八世観世銕之亟」! シテ方観世流分家・銕之亟家の先代で、人間国宝でもあった方です。

 私は残念ながら実際のお舞台を拝見する機会はなかったのですが、たまたま手に入れた先代銕之亟師の遺稿集『勁き花』の、表紙を開いてすぐのページにある師の舞囃子『野守』の写真で、一気に魅せられてしまいました。以後、実際の舞台は拝見したことがないにも関わらず、とっても好きな方です。

 高い芸格で戦後の能楽界を牽引し、能の可能性を世界に押し開いた、八世・観世銕之亟を取り上げる。
 銕之亟家は、江戸時代後期に観世宗家から分家を許され、五座の家元に次ぐ家格が与えられた。その8代目に当たる銕之亟は、二人の兄、寿夫(ひさお)、榮夫(ひでお)と共に「観世三兄弟」と呼ばれ、戦後の混乱期にあっても流派を超えて芸を追求、能楽の存在を世に示した。と同時に、古代ギリシャ悲劇や現代演劇にも積極的にアプローチし、新作能、復曲も数多く手がけるなど、能の新たな可能性を追求する先駆を担った。
 夭逝した長兄・寿夫が華やかで幻想的な役を得意としたのに対し、銕之亟は、内面的な集中度の高い役で本領を発揮した。のみならず、切れ味やスピード感が必要とされる現在物・四番目物の能でも力を見せた。伝統と革新の狭間に身を置きながら、芸の礎を静かに支え続けた八世・銕之亟の芸を振り返る。
続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 08:56 | - | - | - | - |

「四季の狂言の会」反省会

 6月に私が開設しているサイト「能楽の淵」30万HIT記念を兼ねて、企画に参加させていただいた志芸の会「四季の狂言の会」。会が終了してから4ヶ月も経ってしまいましたが、先日ようやく能楽狂言方大蔵流・善竹忠亮師とゆっくりお会いして、反省会をすることができました。

 忠亮師には舞台出演の後で、お疲れのところだったにも関わらず、延々おつきあいいただき、ありがとうございました。忠亮師はプロの能楽師ですから、能や狂言のどんな話題をふっても返して下さるので、話は尽きません。会前の打ち合わせの時もそうでしたが、脱線に次ぐ脱線で本題がなかなか進まないのは問題ですが(笑) しかし楽しい時間となりました。

 というわけで、ようやく反省も含めたレポートの制作にかかれます。大変遅くなりましたが…もう少し気長にお待ち下さい。(というか、誰も待ってない?)

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 08:10 | - | - | - | - |

鼻血(はなぢ)

 はなぢ【鼻血】 鼻の粘膜からの出血。(三省堂『新明解国語辞典』より)

 鼻から血が出る、アレです。マンガなどでは性的な興奮を表現する手段として、よく鼻血を流す表現がありますが…先日、私、能を見ていて鼻血が出ました(笑) 冗談のようなホントの話。9月1日に大阪・山本能楽堂で催された「たにまち能」。それで演じられた山本順之師の能『天鼓-弄鼓之楽』でのことです。

 能の曲名になっている「天鼓」とは少年の名前。母親が天から鼓が降ってくる夢を見て生まれた子で、天から授かった鼓を打つ天才ドラマーです。その噂を聞いた帝が鼓を渡すように命令しますが、渡さなかったため、天鼓は殺されてしまいます。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言一般 | 02:45 | - | - | - | - |
2/11PAGES | << >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH