<< 明石市魚住町住吉神社 卯の花まつり | top | 観世汁という食べ物 >>

復曲能《泣不動》の上演

本日、京都の浄土宗総本山・清浄華院で、ゆかりの能《泣不動》が復曲上演されましたので、拝見して参りました。経緯などは、スポーツニッポンですが、詳しいのでリンク張っておきます。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/11/kiji/K20130511005785410.html

書いてある通り、《泣不動》は、病を患った師を助けるため自分の命を差し出す僧侶に、不動明王が涙を流して感動し身代わりになる物語。

本来、三井寺の常住院という場所の話ですが、いつのころから清浄華院にその泣不動とされる絵仏が伝えられていました。
JUGEMテーマ:能楽


昨年の4月1日に素謡で復曲された際の謡本は持っているのですが、復曲された青木道喜師が「本作を能として演じるとなると、今回のようなそのままの復曲では苦しい部分があることは否めない…後シテも矜羯羅童子だけでは一観客として物足りなく、やはりなんとか、泣不動明王が現出する演出・脚本が欲しい」と書いてらっしゃいます。

そんなわけで、改訂が加えられた上での上演でした。前シテの語りの追加と、本来の後シテ「矜羯羅童子(不動明王の脇侍)」を後ツレにして、別に後シテ不動明王が登場する形となっていました。

細かいところでは、キリの最後が「げに清浄の、華も開くなる、誓ひぞ尊かりける」と改訂されているのは、泣不動絵の現所有者である清浄華院への挨拶っぽいな、と感じました。

前シテが中入する前、不動明王の化身と明かす時に、中啓を上向きに持って剣に見立てた瞬間、左手に持つ数珠も索になって「あ、不動明王だ…!」と感じて、とてもワクワクしました。但し、ここは改訂された部分です。

私は全く知りませんでしたが、能《泣不動》の題材たる伝承は中世には割と有名で、清浄華院は泣不動の寺であると喧伝されるほどだったとのことです。重要文化財『泣不動縁起』絵巻も存在するとか。絵巻には安倍晴明も出てきますが、能ではカットされてます。
funabenkei | 能・狂言一般 | 23:48 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH