<< 2012年正月・神社の「翁」奉納ほか | top | 復曲能《泣不動》の上演 >>

明石市魚住町住吉神社 卯の花まつり

子ども仕舞
本日は明石市魚住町の住吉神社へ「卯の花まつり」に参りました。神社創建に由来する祭礼とのこと。

朝から夕方まで雅楽を中心に、いろいろな芸能が奉納されています。その中に伊原昇先生が指導されている子ども仕舞もありました。子どもさんたちが懸命に舞う姿は素敵です。世阿弥が『風姿花伝』年来稽古条々に書いている「先、童形なれば、なにとしたるも幽玄なり」という言葉は、まさにこのことか…!と感じました。
5月1日の奉納能楽会の時には鏡板が入れられるそうですが、普段は外しているようで、今日も鏡板なしでした。ですから、今度は5月1日の能楽会の時に参りたいな、という思いを強く抱きました。最後の番外仕舞は伊原昇先生の《猩々》と、上野朝彦さん・雄介さんの《小袖曽我》でした。

この神社の能舞台は、初代明石藩主・小笠原忠政により寛永4年(1627)に建立されたといいます。以前の修理の時に棟札が出てきたのだそうです。他の神社能舞台には地謡座がない例が多いんですが、ここはあります。ただ地謡座だけ木が新しく礎石も小さいので後で修理の時にでも追加されたのかも。

なお最初は「卯の花神事」ということで、拝殿で神主さんが祝詞をとなえたりされていましたのですが、その様子を覗いていると、拝殿の端に能面・狂言面がかけてあるのを発見。面打ち愛好者さんによる奉納のようです。

子ども仕舞の前半と後半の間には雅楽の奉納が。平調《五常楽 急》を演奏しながら入場→平調の音取と《越天楽》演奏の後、黄鐘調で同じ曲を演奏。なんかどっか(←能楽関係)で聞いた言葉が多いです…。

雅楽奉納の最後は神楽《浦安の舞》。以前、別の神社の能舞台で舞われた《浦安の舞》を見ていますが、その時は二人舞。今日は四人舞でした。舞姫が可愛らしかったです。

なお能舞台の屋根に昭和49年5月1日の奉納能楽会番組が額になって掲げられていました。神社の公式サイトによると「昭和13年(1938年)に途切れて…昭和49年(1974年)より氏子や愛好家によって復活」とありますので、復活の際の記念の番組なんですね。

最初の素謡《神歌》で翁のお役の方の姓が、今の宮司さんと同じ…当時の宮司さんでしょうか…ちょっと気になります。神社の宮司さんが、神社能舞台で《神歌》を謡われるなんて、かなりステキです!(確認せずに勝手なことを言っております)

また別の建物に掲げてあった平成12年5月1日の第25回能楽会の狂言組だけの番組。こちらも何かの記念の番組なのでしょうか。少し気になります。

なお本殿の後ろには藤棚があって、ちょうど能楽会から卯の花まつりまでの頃は見頃なんだとか。こちらも堪能させていただきました。
柏木ゆげひ | 行ってきました | 01:23 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH