<< 最古の能楽映像発見 | top | mixiとTwitter >>

「あれを見よ不思議やな」

 能〈田村〉は平安時代の征夷大将軍・坂上田村麻呂による鈴鹿山の鬼神退治を描いた作品です。ですが、謡曲本文を読む限り、田村麻呂よりもむしろ、彼が信仰する千手観音が活躍しています。以下の通り。

「味方の軍兵の旗の上に。千手観音の。光を放って虚空に飛行し。千の御手ごとに。大悲の弓には智恵の矢をはげて。一度放せば千の矢先。雨霰と降りかかって。鬼神の上に乱れ落つれば。ことごとく矢先にかかって鬼神は残らず討たれにけり」

 しかし、この場面、弓矢は両手を使う武器なので、「いくら千手観音でも飛ぶ矢は五百本ちゃうん?」というのは、謡を稽古する人の中では割とよくある〈田村〉へのツッコミです。

 これ、とっても古典的な話だったらしいです。偶然なのですが、こんな江戸時代の川柳を見つけました。

「観音の千の矢先に五百うそ」

 「五百うそ」と言い切っているあたりが、良いですね(笑) これは最近手に入れた日本名著全集『謡曲三百五十番集』(昭和3年)に挟まれていた月報『書物愛』に、擔板漢という筆名で書かれた「謠曲を取入れた川柳」と題した小文に載っていたものです。

 ネットで検索してみると、他にも似た句が見つかりました。

「大悲の矢五百本ほど掛値なり」

 掛値は値切られることを予想して、最初から高めに値段を設定すること、転じてここでは物事を大げさにいう意味です。

 ちょっと調べると、川柳には謡曲が元ネタになっているものが多いことが分かりました。江戸時代当時の基本教養だったから、ですね。

 謡曲ネタの川柳を紹介しているサイトもありました。URLを載せさせていただきます。

http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkcwx505/Nohpage/NohSenryu/NohSenryuPage.html

 こういうのを知ると、風流で楽しいなぁと思います。

JUGEMテーマ:古典文学
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 08:03 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH