<< 謎の「左」「右」(解決しました) | top | 「左右」と「兎角」 >>

太夫の勤める曲にあらず?

 能〈土蜘蛛〉についての解説文を書く事になり、とりあえず、手元にあった権藤芳一先生の『能楽手帖』(駸々堂、1979年)を開いてみました。

 何年も前に、ある囃子方の人が「〈土蜘蛛〉は、太夫の勤める曲にあらず、やで」なんて仰っていましたが、あまり能として高級な演目だとはされていません。

 しかしながら、単にショー的で派手と片付けられるだけの単純な曲ではなく、なかなか魅力的な演目だと思います。最初に登場する胡蝶の、どこか怪しい魅力もありますし、単なる蜘蛛の怪物としてみるのと、古代に大和朝廷に反抗した豪族・土蜘蛛の末裔としてみるのと、二重写しで見えてくるのはなかなか面白いです。なんといっても、ワクワクして見ることができるのは、舞台芸能として大切な部分です。

 ところで、先にも書いた「太夫の勤める曲にはあらず」という言葉。これは権藤先生によると、元の出典は江戸時代初期の紀州藩の能役者・徳田隣忠(1679-?)の『隣忠秘抄』なのだそうです。へぇ〜。

 徳田隣忠は『隣忠秘抄』のほかに、江戸時代初期には演じられなくなっていた〈石橋〉の復曲のことを記した『御世話筋秘曲』や、見聞きした話をまとめた『隣忠見聞録』とかの著作を残しているらしく、能楽史を見る上では興味深い人物のようです。

 とりあえず手に入る本はどんな本でも丁寧に読んでおくべきですね。『能楽手帖』のような入門書でも、いろいろ面白いことが書いてあるものです。

JUGEMテーマ:能楽歴史和歌山
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 01:51 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH