<< 『能楽古今記』序言 | top | 太夫の勤める曲にあらず? >>

謎の「左」「右」(解決しました)

 さて、時間が空けば、前も書いた野々村戒三『能樂古今記』(春陽堂、昭和6年)を辞書を引き引き読み続けているのですが、「右」「左」の字の読み方が分からず、戸惑っています。

 最初に出てきたのが102頁。「観世四代史考」と題した観阿弥・世阿弥・十郎元雅・音阿弥の、観世座最初期の大夫4人の事跡についての文章なんですが。

 観世三世大夫・音阿弥(世阿弥の長男・元雅は歴代に数えない)について、大夫としての活動は広く知られているものの、作能や文筆についての事跡が見当たらないことについて、音阿弥の著書とされる書物が偽書であるとする吉田東吾『禅竹集』(大正3年)の文を引用した後、

「以上の言に由ると、左も右も音阿の遺書と稱せらるゝものに『花傳髄腦記』と『實鑑抄』との二本あるわけであるから」

云々と書いてありますが、この「左も右も」はどう読むんでしょう? 漢和辞典引いても出ていませんし、この場合は無理に「ひだりもみぎも」と読めてしまいそうですが、それだと意味がはっきりしません。

 仕方ないので放っておいて、分からないまま続きを続きを読んでいたら出てきました、謎の左右シリーズ第二段(笑) 安土桃山時代に活躍した金春流の素人の能の名手・下間少進について、『近代四座役者目録』の文章を引用したあと

「流儀の相違から來る、多少の僻目もあるらしく思はれるが、左も右く、よほで器用な才人で、色々な工夫もし」

云々と。この「左も右く」は「ひだりもみぎく」とは読みにくいので、なんらかの慣用表記なのだと思われるのですが、全く読めません…。

 漢和辞典で「左右」と引くと、日本独自の意味として「かれこれ」という意味があるので、これかな?とも思うのですが「○も○も」「○も○く」の文字に合わないので、決定打に欠けます。

 無視しても文章の大意が読み取れないわけではないのですが、気になります。

----------

 それにしても電子辞書で「左右」を引くのに「さいう」と入力してしまった私(笑) 一昨日に〈羽衣〉を謡ったためでしょう。「左右左、左右颯々の」という言葉を能の謡では「さいうさ、さいうさッさンの」と発音するからって。(※ほかの流派が今一つ知りませんが、私が習っている観世流ではそうなっております)

 私のドアホ!

----------

 サイト「能楽イラスト+++」を運営してらしゃるkyoranさんが、内田魯庵の著作にも「左に右く」という似た表現があることを見つけられ、そこから「左も右も」が「ともかくも」、「左も右く」が「ともかく」と読むのではないかとお教えくださいました。全くその通りだと思います。これで引っかかっていた部分が分かりました。ありがとうございます!

JUGEMテーマ:日本語
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 00:47 | - | - | - | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH