<< ドラマ『水戸黄門』の終了に新作能〈菊水〉を思う | top | 謎の「左」「右」(解決しました) >>

『能楽古今記』序言

 寝がけにコーヒーなんて飲むものではないですね(笑)

 目が冴えて寝られないので、先日読み終わった『近畿能楽記』(大岡山書店、1933年)と同じ野々村戒三著『能楽古今記』(春陽堂、1931年)を読んでます。こちらの方が出版が先なので、先に読むべきだったでしょうか。『近畿能楽記』の中にも「○○は能楽古今記に記したが…」といった表現もありました。

 その『能楽古今記』、最初にある序言の言葉に思わず頷きました。

「能樂の材料は、誰も知つて居る通り、古典的な物で、此の古典の解釋は、年を經るに随ひ、次第にむつかしくなつて來る。かくして、伊勢や、源氏や、平家、今昔、といつたやうな古典文學は、特殊の外蕕鮗けなければ、殆ど理解がむつかしいことになつて來る。尤もむつかしいから、やはりそれだけに研究も届いて來るわけではある。然し、能樂の鑑賞といふ點からいふと、唯だ研究して解つたといふだけでは不十分で、それに對する愛着といふものがなければならぬ。我々が、辧慶の談を聽くと、何となく餘所事でないやうな氣がするが、今の若い人たちには、恐らくさうではなかろうと思ふ。我々は、義經が出て來ると、何だか自分の周圍に居る人のやうな感じがするのであるが、能樂の鑑賞や研究には、さういつた一種の愛着といふものが必要である。所が、それが次第に薄くなつて來る。薄くなつて來た曉には、果して能樂が何ういふ風になるか、是れは疑問であらうと思ふ」

 能楽への取っ付きにくさのひとつを、的確に書いてらっしゃいますね。昭和6年時点でこう嘆いてらっしゃいますが、それから80年経った現在、この方向性でいうとますます大変なことになっているばかり。

 まず能楽の元になった話を知らない。それらの説明を入れることになるのですが、ただ説明されたたけでは「愛着」に至らないんですよね〜。ああ、難しい。

JUGEMテーマ:能楽古典文学
柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 02:49 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH