<< 公演情報の入力 | top | 大川瀬住吉神社の能舞台 >>

伏見稲荷大社の能舞台

伏見稲荷大社
 伏見稲荷大社と能といえば能〈小鍛冶〉の舞台です。すでに先々月の話ですが、伏見稲荷大社に初めて行ってきました。すると本殿の脇にどう見ても能舞台としか言えない神楽殿を見つけて興奮していた私。

伏見稲荷大社
 そして行ってからひと月あたりも経った頃になって、行く前から少しずつ読み進めていた大阪大学の天野文雄教授の著書『能楽逍遥(下) 能の歴史を歩く』という本の後半に「伏見稲荷大社の能舞台〜建造の経緯とその後の歩み〜」という論が収録されていたことに気付いて凹みました(苦笑) バカ丁寧に最初から順番に読んでいたのですが、せめて目次を気をつけて見ていれば…、と悔やみました。

 以下、天野先生の本によって書いていますが。

 伏見稲荷大社の能舞台は明治15(1882)年にシテ方金剛流の金剛謹之輔(今の金剛永謹家元の曾祖父)とその後援者が、当時行われていた伏見稲荷大社の修復にあわせて奉納したもの、とのことです。謹之輔が伏見稲荷大社に能舞台の奉納を思い立った具体的な理由は分からないものの、彼が〈小鍛冶〉の芸に悩んでいて稲荷の長者社に籠ったところ、「白頭」の小書(特殊演出)で演じられる「狐足」という足遣いを感得したというエピソードがあるらしいのは面白かったです。

 翌明治16年9月15日には舞台披きの能が行われ、金剛流の大パトロンだった大阪の両替商・平瀬露香の能〈小鍛冶〉、同じく観世流の大パトロンだった伊丹の酒造業者・小西新右衛門の能〈道成寺〉、そして片山家6世の片山晋三による能などが演じられたとのこと。平瀬・小西のふたりは、大阪の商人と能ということで調べたこともあるので、嬉しくなってしまいました(^^) ただこのとき、能舞台奉納の中心人物であった金剛謹之輔がシテをつとめていないことがちょっと気になりますが……。

 以来、春秋に定期的に奉納能が演じられるなど伏見稲荷大社の能舞台は使用されていたみたいです。中には3000人もの見物客を集めたという昭和5年の梅若万三郎・六郎兄弟による奉納能などもあったようですが、昭和34年の稲荷大社修復の際に、能舞台は西側後方に移転、同時に橋掛かりが舞台に対して直角になるように変更され、名前も「能楽殿」から「神楽殿」へと改められて以来、能が演じられた記録はないそうです。

(茂山千五郎家・忠三郎家による狂言奉納は行われているようですが)
柏木ゆげひ | 行ってきました | 22:14 | - | - | - | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH