<< もうお正月も終わりですが... | top | フェイク >>

シテは私のために登場する

数日前、新聞をパラパラめくっていたら、
見憶えのあるお顔が目に入りました。

戻ってゆっくり見てみると
やっぱり、宝生閑師でした。

この記事↓

 http://www.asahi.com/showbiz/stage/koten/TKY201101250272.html

能では、ある場所に僧が来ると、シテが現れる。シテは実は亡霊で、身の上や思いを語る、という展開が多い。能というのは、ワキが古代や中世にタイムスリップして見ている世界なのです。シテは、ワキを演じている私のために登場する、というわけです。


そう思うと、舞台にいて、とても楽しいですよ。その楽しさがなければ、板の間に2時間もじっと座ってはいられないですよ、ははは。   (朝日新聞2011年1月25日夕刊)



おワキの方は板の上でそんなことを考えていたのですか(^^)

観客として見る側もワキ方さんと同じ風景が見えた時が、
しみじみ「お能っていいなあ~」と思えるときかもしれません。

また、記事の中で師はこうも語られています。

亡霊だってせっかく現れたのに、相手に歌や文学の素養がなくて、「伊勢物語? それ何ですか」なんて言われたら困りますからね。分かってくれる人を選んで出て来るはずですよ。 (同上)

この「わかってくれる人」とはおワキが演じる
僧だったりのことを指しているのですが、
これも見る側にも当てはまるかも(><)

お能に出てくるお坊さんほどの知識人でないにしても、
見る側にもある程度「伊勢物語?何それ?」でない知識がないと、
おワキのお坊さんが見ている風景は見れないわけで。

今の学校でどれほど受験対策の品詞分解以外の
「古典」を教えてくれているのか、気になるところです。




 

funabenkei | 日々雑感・2(未分類) | 09:22 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH