<< 今週の公演予定(11月4週) | top | 今週の公演予定(12月1週) >>

月見座頭雑感〜花よりも花の如く6巻より

 こんにちは、柏木ゆげひです。能楽師を主人公にしたコミック『花よりも花の如く』。その最新刊6巻をようやく読みました。

 全体を通して色々と感じることはあるのですが、私は今回、主人公の榊原憲人さんが、狂言方の宮本芳年さんにいわれて見に行った狂言〈月見座頭〉を特に取り上げてみたいと思います。

 〈月見座頭〉は私の特に好きな狂言で、私は過去に茂山千之丞師にリクエストをして演じていただいたこともあります。(→「茂山千之丞師にサインを頂きました」) 狂言で一曲、希望曲を出すなら『月見座頭』しかなく、千五郎家の中で演者の希望を出せるならば千之丞師しかいなかったのです。

 ですが、この時は演者は申し分なかったものの、客席の過剰反応が気に障って、十分に楽しめなかったことが残念でなりません。(→「千五郎家の好きな/嫌いなところ」

 今まで見た〈月見座頭〉で、何といっても忘れられないのが、善竹忠一郎師のもの。最初、野で虫の音に聞き入る座頭の風情が絶妙で、本当に虫の音が聞こえるんじゃないかと感じました。客席までもが秋夜の野となった、というのは言い過ぎなのでしょうが、あんな舞台を見ることができるから、能・狂言が好きなんだ、と、今でも折に触れて思い返す舞台でした。

 そこまで高めた舞台を、最後に敢えて壊す。そこが〈月見座頭〉の真骨頂で。そこに人間の二面性を見たりするのは、小賢しい人の屁理屈ではないかと思うのです。そんな理屈に終わるものではなくて、もっと大きな衝撃だと思うのです。少なくとも、私の〈月見座頭〉初見はそうでした。

 〈月見座頭〉一曲だけを見ると座頭が可哀想な気もしますが、他の座頭狂言では、むしろ富裕で強欲な座頭が悪役のように登場することも少なくありません。実際に、江戸時代には金銭貸付業を行って武士や町人から暴利を貪る座頭もいて、社会問題となった時代もあるといいます。

 〈月見座頭〉の作品理解と、他の座頭狂言のことや歴史的背景は必ずしも関係ないかもしれませんけれど、舞台芸能で大切なのはきちんと理屈で説明できることではなく、舞台として面白いか、私はそこに集約すると思うのです。

 ところで、『花よりも〜』に登場する狂言方・宮本家というのは大蔵流山本東次郎家がモデルなんですね。というのも、〈月見座頭〉は大蔵流にしかない狂言で、しかもシテがあの長袴に頭巾をかぶった、座頭より位の高い勾当出立で演じるのは、山本東次郎家だけなんですね。私が見た善竹忠一郎師も、茂山千之丞師も、狂言袴に十徳・座頭頭巾の座頭出立で演じてらっしゃいました。

 ある特定の家にモデルが限定されるような要素でも、忠実に書いてしまうのが、成田美名子さんらしいとは言えますが(^^;)

柏木ゆげひ | 本の感想(マンガ含) | 02:22 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH