<< 今週の公演予定(11月2週) | top | 今週の公演予定(11月3週) >>

「裏」の意味

 こんにちは、このブログではお久しぶりの柏木ゆげひです。表に出なくなって久しいですが、なんとか元気でやっております。たまにはブログ記事を書いてみようと思います。

 先日、能〈邯鄲〉の謡本を読んでいたところ、宮城の立派さ(夢の中の話なんですけど)を表現する「喩へばこれは。長生殿の"うち"には。春秋を止めたり」とある部分があります。

 この"うち"の文字がどうも読めません。いえ、現行観世流の謡本は丁寧にフリガナがついているので、"うち"と読めるのですが、一体何の字か分からないのです。

 どうも「重」という字の下に「衣」があるように見えるのですが、辞書を引いてもそういう字は見つかりません。となると、「裏」かと思いますが、"うら"と読む字で"うち"と読むのはどうも抵抗があります。「裏」に似た字に「裹」というのがあって、"つつむ"と読むらしいので、こちらかな?と思ったのですが。

 結論をいうと、やはり「裏」で正解でした。この部分は『和漢朗詠集』にある慶慈保胤の漢詩「長生殿"裏"春秋富、不老門前日月遅」を下敷きにしたものらしいので間違いありません。

 漢和辞典で「裏」の字を引くと、「里」という字はたてよこの筋目がついた田畑の意味で、「裏」は「衣+里」から、縞模様の布地の意味を表すのが本来の意味だそうです。縞模様の布地は、衣服のうら地に使うことから"うら"、外側でないために"うち"という意味も持つのだとか。「衣+里」なので、「裏」と「裡」と同じ字です。

 なるほど〜。そういえば、歴史用語で天皇の御所のことを「内裏」と書きますけれど、これなんて都の"うち(内)"の"うち(裏)"ですものね。…なんでも調べてみるものだと思ったのでした。

柏木ゆげひ | 能・狂言一般 | 23:29 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH