<< 追悼・氷室冴子先生 | top | ハムレット >>

千本ゑんま堂大念仏狂言


 さて、お久しぶりの柏木ゆげひです。たまには、ということで、登場させていただきます。

 だいぶ前の話ですが、GW中に京都の千本ゑんま堂へ大念仏狂言を見てきました。京都には「念仏狂言」と呼ばれる民俗芸能の狂言が数箇所伝わっていますが、その一つです。

 前に見た壬生狂言は鉦と太鼓の「ガンデンデン」と呼ばれる囃子?に乗って、無言で演じられるパントマイム劇でしたが、ゑんま堂狂言はセリフ主体で、囃子は部分々々に奏されました。全員が面をかけて演じるのは、壬生狂言と共通です。

 私が見たのは最終日の夜で、演じられたのは『牡丹獅子』『道成寺』『千人切』の3番。
 『牡丹獅子』は大名が大切にしている牡丹の花を獅子が現れて食い散らかすので、太郎冠者に命じて生け取りにしようとしますが、冠者は失敗して仕方なく獅子の真似をしていたところ、主に見付かり追い込まれるという話。



 『道成寺』は写真を載せたものですが、話の展開は能と同じです。能でいうなら、アイとワキツレを兼ねたような小坊主が、シテの白拍子を見て「おー、えらい別嬪じゃ」と言ったり、鬼の姿になった後シテに小坊主が追い掛け回されたりと、しっかり"狂言"でした。

 最後の『千人切』は出演者全員が、主役の「為朝」という武士に金剛杖で打たれ、倒れて見せるというもの。昔、千本ゑんま堂の付近で暴れていた鬼たちが、金剛杖によって良心を取り戻したという故事に由来する儀式です。ゑんま堂狂言の最終日に必ず行われるものだそうで、発生を考える上で興味深いものだな、と感じました。お祭りの最後らしい、出演者の皆さんの清々しい表情が印象深かったです。(この演目に限り、ほとんどの演者が面をつけない)

 民俗芸能らしい、素人の方々が精一杯演じてらっしゃるのが、見ていて楽しい千本ゑんま堂狂言でした。

 同時に感じたのは、これらの念仏狂言とも発生には繋がりがあるんでしょうが、稽古に稽古を重ねた演者が舞台上でその技芸を見せる今の能楽というのは、随分特殊なものなんだな、ということでした。
柏木ゆげひ | 伝統芸能(能・狂言以外) | 22:56 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH