<< 「ヽ」は要りません | top | 能『鵺』×2 >>

落語と能の囃子

 いつもマニアックですが、今回は特にマニアックな日記です(笑)

 昨日は神戸女子大学の古典芸能研究センターに行って、興味のある資料をひっくり返していたのですが、ちょっと気分転換に雑誌『上方芸能』163号を読んでみました。天満天神繁昌亭の開席記念で、上方落語の特集号でした。

 そこに笛方森田流の能楽師で、長年の落語ファンでもある帆足正規師がコメントを寄せてらっしゃるのですが、落語の囃子の「中之舞」は、能の囃子の「中之舞」を忠実に受け継いでいるといった内容でした。

 帰宅して早速、桂枝雀さんのCD『枝雀落語大全』第7集の「鴻池の犬」を聞きました。この録音での出囃子が「中之舞」なのです。

 最初に天、天と太鼓が入って、一拍おいてからオヒャと笛が入る。(「天」は太鼓の「テン」という打音。「オヒャ」は能の笛の音色を文字で表したもの)

 能の囃子の「中之舞」でも、段が変わる部分では太鼓がホォ天、イヤー天と打ってから、一拍息をつめて笛がオヒャと吹き出します。つまり太鼓の掛け声が入ってないだけで、全く同じ。三味線は入ってますけどね。試しに私が習っている大鼓の手を打ってみても、しっかり合います。本当に能の中之舞の囃子を忠実に受け継いでいるんですね〜。

 生でも落語囃子の「中之舞」聞いてみたいものです。繁昌亭に通えば聞けますかねぇ…。

 なお、桂米朝さんの『桂米朝艶笑落語 続いろはにほへと』というCDに入ってる「早笛」という囃子も、能の囃子「早笛」から来ているのではないかと思います。ただ、この「早笛」はたった12秒しかありません(笑) 笛の音がそれっぽいなぁと感じるぐらいで。じっくり聞くというわけに行かないのが残念。

funabenkei | 伝統芸能(能・狂言以外) | 09:10 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH