<< 文楽『曽根崎心中』断念 | top | 和泉流の『舟渡聟』 >>

天満天神繁昌亭昼席

天満天神繁昌亭入口

 桂蝶六さんの独演会に行って、落語熱がちょっと加熱したので、その次の休み(11月3日)には天満天神繁昌亭に行きました。「定席」というそうですが、「繁昌亭に行けば、いつでも落語をやっている」というのは良いですね。

 芸態が違うので、そのまま能・狂言に当てはめることが間違っていることは分かってますが、「能楽の淵」(http://funabenkei.daa.jp/)で集めた能や狂言の公演情報を「この日は空くから能か狂言でも見に行こうかな」と使えたら良いなぁと思っています。まあ、人気のある公演は早く申し込まないと売り切れますが。

 話を戻して繁昌亭に戻して。昼席は漫才を含めて10組の出演。4番目に登場された露の吉次さんは、落語そのものではなくて、落語『がまの油』で登場する油売りをそのまま演じてみせるという色物。なかなか楽しかったです。

 興味があったのが、故桂春蝶さんの息子・桂春菜さん。最近、山本能楽堂でのイベントで、桂吉坊さんと交代で何度か司会をされているようなので、どんな方なのだろうと。

 演じられたのは27日の蝶六さんと同じ『任侠伝』。ただし後半、主人公が警察に連れて行かれた辺りから流れが変わって、警官が『ミナミの帝王』の萬田銀次郎(竹内力)の真似をする部分がありました。元々「なんとなくヤクザ映画」ということで笑っているのが、具体的な映画が登場するのは普遍的な演出から遠のくようにも思います。まあ、元の形でも高倉健さんが寿命の長い俳優で今も活躍なさっているから、保っている部分もあるとは思うのですけれど…。

 トリの桂春之輔さんが語りはった『まめだ』が絶品でした。派手に陽気に聞かせる落語が多かった中、しっとりと自然に聞き入らせる落語でしたし。

 ちなみに開演と仲入(休憩)が終わったときに、開演のお囃子が能管と大太鼓で奏されるのですが、専業である能楽の笛方の演奏を聞き慣れているせいか、開演の時のお囃子では能管はもう少し力が足りないなぁ…と思ってしまいました(笑) 仲入後に吹いた方は別人のようで、力一杯吹いてらっしゃったので、こちらは満足。

 落語と能管といえば、『枝雀落語大全』の『鴻池の犬』で奏される出囃子が「中之舞」で、あの「オヒャ、オヒヤリ、ヒウイヤラリー。オヒャイヒョーイヒャーリウヒー」と聞き慣れた旋律が流れて嬉しくなったものでした。

天満天神繁昌亭昼席
◆11月3日(土)13時〜 於・天満天神繁昌亭(大阪市北区)
★落語『子ほめ』桂佐ん吉 ★落語『手水廻し』桂壱之輔
★落語(?)立花家千橘 ★寄席芸『がまの油』露の吉次
★落語『任侠伝』桂春菜 ★落語『子はかすがい』露の都
★落語『茶漬間男』笑福亭晃瓶 ★落語『ふぐ鍋』桂米左
★漫才 幸助福助 ★落語『まめだ』桂春之輔
funabenkei | 伝統芸能(能・狂言以外) | 00:30 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH