<< 善竹狂言会 | top | 桂蝶六入門二十五周年記念独演会「愚直」 >>

菅楯彦の世界

菅楯彦の世界

 そろそろ今月も半分が終わろうとしていますが、先月の話(苦笑) 先月最後の休みだった10月27日(土)は、中学以来の友人である「218」くんと一日中遊んでいました。218くんは、私が彼の家に上がり込んでは、たびたびお酒を一緒に飲む相手ですが、昼間に一緒に行動するのは久しぶり。

 朝、大阪梅田で待ち合わせて、向かうは芦屋市立美術博物館。「浪華風俗を描く−菅楯彦の世界−」という展覧会が催されているのを、大学で美術部に入っていた218くんの希望で見に行ったのでした。

 菅楯彦(1878-1963)という画家は、私は全く知らなかった方なんですが、鳥取県で生まれたものの、幼少の頃に大阪に移り住んでからは生涯大阪で暮らし、自ら「浪速御民」と名乗り、何よりも大阪を愛した方だそうです。穏やかな中にユーモアの感じられる画風に、今は失われた古き浪速風俗を描いていることから、とっても興味を持って見ることができました。

 「コテコテ」といった言葉で表される、ベタ臭い雰囲気が強くなっている現在の大阪浪華の文化ですが、楯彦の作品を見ていると本来はもっと上品な部分も多かったのだろうなぁ、と感じます。楯彦の作品か、名人の語る落語の中ぐらいにしか残ってませんが…。

 展示されていた中では「楯彦日記」という絵入りの日記がとっても面白かったです。作品名は忘れましたが、天満橋や天神橋周辺での舟遊びの様を描いた絵は落語の『舟弁慶』を連想しました。あと、展示の解説文では高い評価はなされていませんでしたが、「宗助国自刃之図」という絵が、楯彦の作品には珍しく鬼気迫る強い表現で、こういった作品も描けるのに、敢えて穏やかな作品を書き続けたのが、また素敵だと思いました。ちなみに「宗助国」は、元寇の際、元の大軍を前にわずか80騎を率いて奮闘した対馬国の武将です。

 楯彦の妻・美記子との交流も併せて紹介されていました。彼女は、元は浪華の名妓として一世を風靡した「富田屋八千代」でした。芸妓の芸の一環として、楯彦に日本画を師事したのが出会いだったといいますが…。

 『八千代プロマイド帖』が展示されていましたが、とっても美人!(一世を風靡した人だから当然といえば当然) 芸妓といえば着物姿のイメージでしたが、洋装の写真の方が多かったような。

 美記子が着たという山村流の舞装束(当然、柄は楯彦が描いたもの)や「菅美紀子歌集抄」などの展示もありましたから、当時の芸妓さんって上方舞・和歌・日本画…と本当に一流の教養がなければ勤まらなかったんだなあ〜と感心。

 楯彦の絵だけでもとても価値がありますが、古い大阪の芸妓の世界も垣間見ることができて、一粒で二度美味しいような展覧会でした。連れて行ってくれた「218」くんに感謝。

 なお能楽ファンとして嬉しかった展示が二つ。一つ目が楯彦が表紙絵を描いた谷崎潤一郎の随筆『月と狂言師』が展示されていたこと。谷崎潤一郎と菅楯彦は仲が良かったのか、ほかにも谷崎の漢詩に楯彦が絵をつけたものなども展示されていました。『月と狂言師』には先々代と先代の茂山千作のことが書かれているそうです。そのうち読んでみたいですね。

 二つ目が美記子が楯彦に師事して描いたという「白蔵主」の絵。狂言『釣狐』に登場する狐が化けた僧侶の姿。あの、杖をついて腰を屈めて歩く独特の姿の上に、白く月が描かれているのが印象的でした。

「浪華風俗を描く−菅楯彦の世界−」
10月6日(土)〜11月18日(日) 於・芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市)
開館時間:10時〜17時(入館は16時半まで)
休館日:毎週月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
観覧料:一般:500円、大高生300円、中学生以下無料

参考
「大阪日々新聞」なにわ人物伝 楯彦・八千代(1)
「大阪日々新聞」なにわ人物伝 楯彦・八千代(2)
「大阪日々新聞」なにわ人物伝 楯彦・八千代(3)

明治の絵葉書美人「富田屋八千代」

funabenkei | 行ってきました | 09:43 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH