<< ビックリマンシール | top | 菅楯彦の世界 >>

善竹狂言会

善竹狂言会

 まだまだ先月の話。21日は善竹狂言会に行ってきました。この日は開演時間と同じ14時まで用事があったので、半分諦めていたのですが、前日になって、やはり居ても立ってもいられず、気付けば電話でチケット予約していました(笑)

 というわけで、当日は14時に用事が終わると、駅までダッシュして電車に飛び乗り、梅田に着けば会場の大阪能楽会館まで再びダッシュ! 汗だくになりながらの会場到着でした。約30分強の遅刻。

 残念ながら初番の狂言『二人大名』は拝見できませんでしたが(私の中で狂言方若手ナンバー1の、善竹隆司師&隆平師ご兄弟出演だったのに!)、走ったかいあってか、二番目の狂言『抜殻』は最初から拝見できました。

★大蔵流狂言『抜殻』(和泉流「ぬけから」)
 主人は太郎冠者を使いに出す。冠者は使いの前のふるまい酒を主人が忘れているので催促に戻る。十分に飲んだ冠者は改めて出かけるが、酔いのあまり道端に寝込んでしまう。心配してあとをつけてきた主人はこの態を見て懲らしめのため、冠者に鬼の面をかぶせて帰る。目を覚ました冠者は水を飲みにいき、水鏡で自分が鬼になったことを知る。あわてて家に戻ると、主人は鬼は内におけぬと言いわたされ、絶望のあまり清水に身を投げようとし、その拍子に面が脱げ、これは鬼の抜殻だと主人につげる。
(『能・狂言辞典』「抜殻」より)

 あらすじもロクに確認せずに拝見したのですが(苦笑)、何が「抜殻」なのか分かった時の感覚は、まるで落語のサゲ(オチ)を聞いているかのようで、ああ成程と思わず頷きながら拝見。とても鮮やかでした。それだけにその後、無理に狂言の定形である「やるまいぞ」と追い込みにつながるのが蛇足に感じました。それこそ落語のように、一言で切ってしまった方がスマートかも。

 太郎冠者を演じられた善竹長徳師、こんなにじっくり拝見したのは初めてです。酔っている演技に嫌味がなくて、なかなか良かったです。そして長徳師よりも光っていたのがアド主人役の善竹十郎師。相手役なので、おとなしめな演技でしたが、それが長徳師の演技を引き出しているようで、巧い人ってこうなんだなーと感じていました。

 『抜殻』の後は大藏彌太郎師の小舞『海道下り』。そして休憩を挟んで素囃子『神舞』。神体が登場する際に囃される登場楽『出端』から繋げての演奏でした。脇能にふさわしい颯爽とした演奏で、気持ちが良かったです。好きな囃子方でしたし。

★大蔵流狂言『白髭道者』(和泉流「勧進聖」)
 清水詣をする道者達が船に乗り旅を続けていると、江州白髭の明神に仕える勧進聖が船を近づけ、明神への寄付を勧めます。道者は断りますと聖は怒り、水神へ祈りをかけると湖面に鮒の精が現れ、道者の船に襲いかかります。
(善竹狂言会チラシより)

 最後は『白髭道者』。本来は能『白髭』(観世流は『白鬚』)の替の間狂言を独立させて演じるものです。『白鬚』自体、能として演じられることは滅多にありませんが、その替ともなると稀曲中の稀曲。善竹家では昭和38年(1963)以来の上演だそうで。

 「道者」という言葉を辞書で引いてみると、いくつかの意味が書かれているのですが、これは「神社・仏閣、霊場などを連れ立って参詣する人。巡礼。道衆。『同者』『同社』とも書く」とある、これでしょう。桂米朝さんの著書に「道者(団体旅行)と行き違って」という一節がありましたが、江戸時代までの観光旅行のようなもの?という理解で良いのでしょうか。

 稀曲で間狂言だから難解かもと思っていたのですが、ストーリー自体は単純。寄付を拒まれた明神の怒りの名代として、鮒が現れて暴れ回るという…。

 勧進聖が乗る船と、道者一行が乗る船とを表すために、船の作り物が出ます。これは『船弁慶』の間狂言と同様の船の作り物を持って登場して、棹で「えーい、えーい」と漕ぐ演技。道者一行の方は、『船渡聟』のように、船頭のこぐのに合わせて、体を揺らすのが楽しいです。

 琵琶湖と船といえば、能『竹生島』や『自然居士』でも登場するのですが、『白髭道者』では2つ登場するのがポイントで、昔、水上交通が盛んだった琵琶湖の様子が感じられて、良いなぁと思います。どうも今回の善竹狂言会は、私の中では落語との連想が多いのですが、CDで聞いた落語『矢橋船』を思い出しました。

 演出は全体的に能がかり。勧進聖の名乗りが終わると、道者の集団が登場しますが、笛の「ヒッ」というヒシギから始まる「狂言次第」の囃子に乗っての登場です。そしてワキ・ワキツレのように整列・向き合って次第を謡います。続く道行も、狂言に多い喋りのものではなくて、拍子に合って囃子の手の入る謡調子のものでした。 一人だけ掛素袍姿だった大藏千太郎師が、脇座前で両腕を開きながら爪先立ちになる型をしたのも、脇能のワキと同じです。

 始めは長閑な様子で、勧進聖と道者一行の船頭のやりとりが為されるのですが、道者が寄付を断ったところから雲行きが怪しくなり。勧進聖が水神に祈ると、「狂言早笛」の囃子で、鮒の精が走り出てきます。そして「狂言舞働」で鮒の精が示した威力に観念した道者一行は、着ていた素袍や肩衣を勧進聖に投げて渡し、めでたく終局。演出の構成としては、能の龍神物と同じでした。

 鮒の精を演じられた善竹忠一郎師。どちらかというと小柄な方ですが、還暦過ぎとは思えない「飛び返り」や足拍子などのあるパワフルな舞姿で、格好良かったです。出立は賢徳の面に黒頭、厚板の上に法被を肩上にして下は半切、そして鮒の立て物。立て物と面は違いますが、能の龍神のような姿でした。

 地謡でいかにも力一杯、謡ってらっしゃった十郎師も印象的でした。忠一郎師も格好良かったですが、『抜殻』の主人役も含めて、今回の狂言会で一番良かったなぁと感じたのは十郎師でした。私の勝手な評価ですけれど(^^;)

善竹狂言会
◆10月21日(日)14時〜 於・大阪能楽会館(大阪市北区)
★大蔵流狂言『二人大名』
 シテ:善竹隆司 アド:善竹隆平・善竹大二郎
★大蔵流狂言『抜殻』
 シテ:善竹長徳 アド:善竹十郎
★大蔵流小舞『海道下り』大藏彌太郎
★素囃子『神舞』
 笛:赤井啓三 小鼓:清水皓祐 大鼓:山本哲也 太鼓:中田弘美
★大蔵流狂言『白髭道者』
 シテ(鮒の精):善竹忠一郎 アド(勧進聖):善竹忠重
 アド(道者):大藏千太郎・善竹忠亮・上吉川徹・善竹徳一郎
 アド(道者の船の船頭):大藏吉次郎
 地謡:善竹十郎・善竹長徳・善竹隆平・善竹大二郎
funabenkei | 能・狂言鑑賞記録 | 09:14 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH