<< 道成寺de『道成寺』 | top | ビックリマンシール >>

「狩野永徳」展と「能楽と美術」

「狩野永徳」展

 19日は京都国立博物館へ。「狩野永徳」展と特別陳列「能楽と美術」を見るためです。

 掲示板でこっこさんに教えていただきましたが、京都は現在「きものパスポート」のキャンペーンが行われていて(〜12月25日)、着物を着ていくと色々な割引が受けられるそうですが、この日は激しい雨が降っていたので、着物は断念しました。でも、チケットショップで「狩野永徳」展の前売券をゲット。これが「きものパスポート」の割引と同じ額でした。あれ?(笑)

 「狩野永徳」展は…他に行った人の話を聞くと土日は大変な混雑ぶりのようですから、平日の、しかも雨の日に行って正解だったと思います。しかし、私の美術・芸術オンチぶりを確認する特別展となりました。

 花鳥風月の絵って…私、正直苦手です。草(荒さ)と真(細かさ)の対比といわれても、ふーんそうなんですか、としか思えない。

 その一方で「洛中洛外図屏風」を始めとする風俗画や、「織田信長像」を始めとした肖像画は楽しめました。「洛中洛外図屏風」なんて、細かい絵だからというのもあるのですが、端から端までじっくり見て。図録見本で、それぞれ何が描かれているか確認して、再びまた見るなんてことをしてました。空いていたからできたことですが。

 つまり、私が良いなぁと思ったり、楽しめたりした絵というのは、描かれている題材に知識や興味があるかどうか、なんですね。絵自体の鑑賞ではない。「絵画資料」としての見方なのでしょう。「博物館は好きだけど、美術館は苦手」というのは何度か言ってきた言葉ですが、また今回思い知りました。

 こんな私だから、能や狂言を見ている時にも、たくさん取りこぼしがあるんだろうなぁ…とちょっと凹んでます。

特別陳列「能楽と美術」

 さて、気を取り直して平常展示館の中に展示されていた特別展示「能楽と美術」。大正から昭和にかけて活躍し、能の愛好家となった京都の実業家たちが、大名家の旧蔵品などを収集したものが展示されています。能面や謡本、楽器などは数点ずつだったのですが、展示会場の半分「17室」というのは染織工芸品の部屋であることもあり、能装束が多かったです。

 加賀藩やその支藩である大聖寺藩の旧蔵品がいくつかありました。彦根城博物館でも「加賀藩前田家旧蔵」とある能面・能装束が目に付きましたが、前田家での能がどれだけ盛んであったか、その一端が感じられますね。

 大名家旧蔵品の装束には、その大名家の紋づくしだったり、基本的に無地が多い水衣に模様が付いていたり、襟周辺以外は見えないので、あまり模様を入れないことが多い着付用の摺箔全面に、凝った模様が全面に入っていたりと、大名家ならではの贅を尽くしたものがありました。見えない部分まで力を入れるのは、"粋"にも通じるように感じ楽しかったです。

 楽器は小鼓胴と太鼓胴だけでしたが、隣の漆工芸品に大鼓胴もあって、大鼓を習っている身には嬉しい発見。鼓胴の蒔絵には洒落たものも多くて好きですが、「うんすんかるた」の柄などもありました。かるた→賭博→打つに通じるそうです。そのもの「鼓」が蒔絵されている大鼓胴もありました(^^) 

 八坂神社所蔵の小鼓胴には、八重桜と「蘇民将来」の札が描かれたものも。これは京都の鼓師が奉納したものだそうですが、「蘇民将来」の札は八坂神社で配っているものですし、桜も牛頭天王の詠歌に「神垣に千本の桜花咲かば。植ゑ置く人の身も栄えなん」というものがあるそうで、奉納先にゆかりの柄を描いたのですね〜。

 やはり能は好きなので、それに使われる道具も楽しく見ることができます。装束そのものとか、蒔絵そのものが楽しめたらもっと良いのでしょうけれど…。

 なお、「狩野永徳」展は18日(日)まで。特別陳列「能楽と美術」は11日(日)まで。「狩野永徳」展のチケットで平常展示館も見ることができますので、どうせなら、両方ご覧になることをオススメします。

funabenkei | 行ってきました | 11:31 | - | - | - | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH