<< 谷田宗二朗師の訃報 | top | 「狩野永徳」展と「能楽と美術」 >>

道成寺de『道成寺』

道成寺de道成寺

 さて、遅くなりましたが17日に行ってきました道成寺。和歌山市内で寄り道をした後、15時過ぎに到着したのですが、既に長蛇の列で驚きました。開演まで約1時間あるし、30分ぐらいは寺の中を見物できるかな、なんて考えは吹き飛んで、慌ててその最後尾に並ぶ私。「道成寺de『道成寺』」をなめていたようです。

 それ以上に驚いたのが特設舞台! あの重い鐘の作り物を釣るためには、しっかりとした屋根が必要なのは当然ですが、この一日のためには勿体ないほどの立派な舞台が建てられていました。鏡板の代わりには、その場に生えている本物の松。うーん、これは凄い。

道成寺特設舞台

 道成寺のある日高川町の町長の挨拶があって、その後に道成寺副住職の小野俊成さんによる、道成寺の由来のお話。能『道成寺』の元になった安珍清姫伝説。実際に何があったのかは分からないが、何かがあったのだろう。それはご本尊さまはご存知なのでしょうが、という話は印象的でした。(道成寺本尊の千手観音像は平安時代前期、9世紀のもので、安珍清姫伝説の発生よりも前から存在)

 演目はストイックに能『道成寺』のみ。狂言も舞囃子も、仕舞すらなし。シテをつとめられた観世清和師、この方は「端正」という言葉が相応しい演者だと思いますが、今回もまさに「端正」な『道成寺』だったと思います。

 能『道成寺』といえば、体の動きのキレが表に出る感じがするのですが、今回特に印象深かったのは謡。シテが登場してから道行の謡は、かなり特殊で技巧的な謡い方をしますが、それが宙に浮かばず、シテの女の満たされない鬱屈した情念を表現しているかのようで、良かったです。

 ワキ福王茂十郎師の語りも良かったですね。父の荘司が娘可愛さに「あの客僧は汝の夫(つま)よ夫(おっと)よ」と語るあたりは微笑ましさがありますし、それだけに後の破局への流れが効いていて。『道成寺』のワキの語りの重要性を再確認しました。

 大鼓をつとめられたのは東京から来演の亀井忠雄師。たぶん、ご出演の舞台を拝見するのは初めて。人間国宝で、現役大鼓方の頂点といっても良い方ですから楽しみにしていましたが…シャウト系といいますか、叫んでいるような掛け声(演目が『道成寺』ですから、特に)が、今ひとつ私の好みとは違うように感じ、残念です。若輩者の私、しかも一度だけの舞台ですから、単に私が忠雄師の魅力を受け取ることができなかっただけ、なのだとは思いますけれど。

 鐘が落ちたときに、関西ではよく拍手が起きるのですが、それがなかったのは好ましかったです。別に拍手しなくても、良い舞台なら静かに感動しておけば良いと思うので。

 パンフレットには東京大学の松岡心平教授による「道成寺の鐘と胞衣」という文章がありました。能『道成寺』で鐘を使うのは、能舞台にしっかりとした屋根が存在するようにならないとあり得ない演出であったという話は、完成した能舞台しか見ていない私には新鮮でした。現在、屋根を使う曲は『道成寺』だけですし、今の形の能舞台の成立と『道成寺』の関係を考えるというのは面白いと思います。

 もう一つ明治大学の土屋恵一郎教授の「観世清和の『道成寺』」という文章は…不必要に観世清和師の『道成寺』を褒め称えた文章で、今日の舞台はこう見ろと押しつけられているように感じ、なんだこれは、と違和感しきりに感じました。観世清和師の舞台は好きですが、こんなのが付いてくるのは残念でなりません。本屋の能楽コーナーには、何冊かこの方の名前が書かれた本がありますが、読む気をなくしました…。

 いろいろ思うこともありましたが、全体的には面白い舞台でした。会場であれこれ動いてらっしゃるのは地元の方々のようで、手作りの公演という感じがしましたし、盛会だったのも作り上げた方々の努力の賜物かと。道成寺ではこれからも魅力的な催しを続けていって欲しいものです。

道成寺de『道成寺』
◆10月17日(水)16時半〜 於・道成寺境内(和歌山県日高川町)
★観世流能『道成寺』
 シテ:観世清和
 ワキ:福王茂十郎 ワキツレ:福王和幸・福王知登
 アイ:茂山七五三・茂山逸平
 笛:杉市和 小鼓:大倉源次郎 大鼓:亀井忠雄 太鼓:観世元伯
 地頭:武田宗和

 何人かの演者の方がブログで「道成寺de『道成寺』」について書いてらっしゃるので、参考までに挙げておきます。
刻々是好刻:道成寺de道成寺(大倉源次郎師)
SOJA blog:道成寺 de 道成寺!?(茂山千五郎家)

釣り鐘まんじゅう

 これは帰りの電車内で食べた道成寺名物「釣り鐘まんじゅう」。

funabenkei | 能・狂言鑑賞記録 | 08:15 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH