<< 河村能舞台 | top | mixi日記 >>

のだめカンタービレ

B000HIVIGKのだめカンタービレ
上野樹里 玉木宏 瑛太
アミューズソフトエンタテインメント
2007-05-25


by G-Tools

 少し能・狂言以外の話題です。最近『のだめカンタービレ』がマイブームです。マンガは前々から好きで、今でも新刊が出るたびに買ってますが、今マイブームなのはドラマ版。

 レンタルビデオ店でDVDを1巻ずつ借りて、現在3巻(ドラマ第5〜6話収録)まで見ました。今の家に録画機器がない上に、仕事が終わって帰るといつも放送時間が終わっていたので、生では全く見ていません(汗) まあ、普段テレビほとんど見ない人間なんですけれど。

 まず感じたのが、原作の雰囲気をなかなか上手く取り入れてあるなぁ、ということ。それでいて、実写の良さもあるし、ドラマオリジナルな部分もある。

 でも、例えば、最初の連弾のシーンで「たった2小節で間違えるなー!」と、千秋がのだめ(野田恵)に楽譜を投げつける場面などは、マンガだとマンガの表現として爆笑できたシーンでしたが、実写で見ると「酷い!」と思わず叫んでしまった部分はありました。もっともそういった表現も徐々に慣れてきましたし、結局ドラマは作り物です。その作り物としての表現として、逆に楽しめるようになってきました。

 楽しむといえば、最初はシュトレーゼマンの役が竹中直人さんと知って「なんだそりゃ」と思いましたが、あの演技を外国の方にさせるのは難しいでしょうし、あの何とも言えない怪しさが逆にいいな、と思えてきました。

 何よりも映像なので、BGMとして登場する音楽がたくさん聞けるのが、とても素敵で良かったです。それぞれのシーンも実際に曲が流れますし。クラシックは無知ながら、ワンフレーズだけ知っている曲があって「この曲ってこのフレーズだったんだ」なんてことも何度もあります。

 まだまだ続きも見て行きたいですが、今まで見た中で好きなのが、第5話のシュトレーゼマン指揮によるAオケと、千秋のピアノによるラフマニノフ・ピアノ交響曲第二番のシーン。原作でも好きでしたが良いです。

 シュトレーゼマン「大事なことは、君がどれだけこの曲と真剣に向き合ったかどうかデス」。その結果に圧倒されるんですよね。しかも実際の演奏付きで見られて。演奏の終わりに近づいた時、千秋が「いやだな。もうすぐ終わりだ」。

 この言葉、ほぼ同じ言葉を私の大鼓の師匠が、さる大御所の『松風』を打たれた時の感想として聞いたことがあって。見るたびに、どうもその時の舞台のことも重なって見えてきます。

 千秋の音楽と向き合う姿勢に圧倒されるとともに、私は今までそこまで入れ込んだことがあったのかな、とふと自問してしまう。そして、のだめが「ピアノ、ピアノ弾かなきゃ――!!」と走るのと、同じ感情へとつながる。私もやらなきゃ。やりたいことを、やらなければならないことを。

 演奏前にシュトレーゼマンが口にする「さあ、楽しい音楽の時間デス――」って大好きな台詞です。私にとっては「楽しい能楽」なんですが(笑)

funabenkei | 映画・ビデオ・テレビなど | 07:47 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH