<< 釣鐘まんじゅう | top | みかん産地 >>

弁慶の町

弁慶像

 さて、道成寺に行った後、電車に揺られて紀伊田辺へ。田辺は紀伊半島西海岸のほぼ中央で、古くから熊野街道の中継地として栄えた土地。この田辺から内陸に進む熊野街道を中辺路(なかへち)、海岸沿いに続く道を大辺路(おおへち)といいます。ここから中辺路側に30分ほどバスで行くと、『道成寺縁起』で有名な清姫の里である真砂(和歌山県西牟婁郡中辺路町真砂)にも行くことができます。

 その紀伊田辺で最も目に付くのは「武蔵坊弁慶」。上の写真は駅前にある弁慶像ですが、ほかにJR紀伊田辺駅では「弁慶ロボット」が出迎えてくれます(私のときには動いてませんでしたが、見得を切ったり、長刀を動かしたりするそうです)。また、町には弁慶通りもあれば、銘菓「弁慶の釜」もあり、さらに駅前飲食街の入り口のポール上には、『キテレツ大百科』のコロ助をイメージさせる可愛らしい弁慶?像まであります。

 ここ紀伊田辺は、弁慶誕生の地とされているのです。その根拠は『義経記』にある、熊野別当であった湛増の嫡子で、幼名を鬼若とする説。比叡山で修行を行った後、山を降りるにあたって自ら名付けたのが「西塔の武蔵坊弁慶」という通り名なんだとか。

湛増・弁慶像
 こちらは父だとされる湛増とのツーショットの弁慶像。駅からも近い闘鶏神社の境内にあります。湛増率いる熊野水軍が源平どちらにつくかを決するために、紅白の鶏を戦わせて占い、白が買ったので源氏についたとされます。元は「新熊野神社」と呼ばれていたのですが、明治初期に「闘鶏神社」と名を改めたそうです。拝殿に対して6つの本殿があって、熊野大社に倣った形になっているのが面白い神社でした。

 子ども向けに絵本風にした「弁慶物語」や、「武蔵坊弁慶」と題したパンフが駅や商店街の各地で配られていて、気合の入った「弁慶の町」ぶりが印象的な紀伊田辺でした。

funabenkei | 行ってきました | 23:46 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH