<< 古典芸能研究センター | top | 天満天神繁昌亭 >>

TTRライブ能in細野ビルヂング

細野ビルヂング

 古典芸能研究センターを出た後は急いで大阪へ。能楽囃子方ユニット・TTR能プロジェクト主催のライブ能へ参るためです。今回の会場は「細野ビルヂング」。大阪・西長堀にある、昭和11年に建てられたというレトロなビルでした。そして…ちょっとボロい(笑)

 入り口で配られたプログラムには素囃子『五段次第』、連吟『高砂-初同』、舞囃子『高砂-八段之舞』…などとあるので、1つ1つ切られるのかと思いきや、ノンストップ。力強く勇壮な次第で一気に引き込まれて、そのまま力強い連吟が続きます。そして連吟を謡ったシテ方3人の内、出端の次第で立ち上がったのはキレのある動きならこの人、浦田保親師! まさにライブ能で、一番迫ってきた時は数十センチも離れてなかったかも。

 「颯々の声ぞ楽しむ」と『高砂』が終曲しても、そのまま笛の一管(独奏)が続いて、徐々に太鼓・大鼓・小鼓が加わって気付けば素囃子の『神楽』へ変化。そして小鼓のプ、ポ、プ、ポという連続の響きが居囃子『砧』の、後シテの招魂の楽のように繋がります。

 シテ謡は杉浦豊彦師。『砧』は私にとって遠い曲で、謡を読んだこともあまりありません。けれど、音楽としての強さは痛いほど伝わってくる。テンポは『高砂』から下がっても、密度としてはより高まって、そして気付いた頃に終曲。ともかくも圧倒されて終わったという感じでした。

 そこで休憩を挟んで後半。『三番三』が舞い始める最初の「揉み出し」の力強い部分から、ぐっと引き締まって「大小序之舞」の序へ。『野宮』の舞囃子に繋がります。シテは杉浦豊彦師。『野宮』もあまり謡を覚えていない曲ですが、「また車にうち乗りて火宅の門をや出でぬらん。火宅」と留めた、いわゆる「火宅留」の形だったような。いろいろ含むところがあって好きな演出です。

 『野宮』の余韻の後、また違う世界へ引き込むように、太鼓のカシラが入る。乱序の囃子です。ここからは『石橋』の半能。今まで地謡を担当されていた寺澤幸祐師に加えて、再び登場の浦田保親師も立ち上がる。興奮のあまり、思わず「相舞っ!?」と小さく叫んでしまいました。(←演能中のお喋りは控えましょう。反省。でもそれだけ興奮してたんです) ライブ能の会場を二人のシテ方が所狭しと暴れ回ります。舞手の2人や囃子方の熱演はもちろん、たった1人で地謡を担当された杉浦豊彦師も熱い!

 トークもお上手なTTRのお2人ですが、今回は言葉はほとんどなく演奏のみといった感じ。それがまた良かったです。狭い空間だったというのもありますが、立見が出るほどの盛況でもありました。

 能の素の力を改めて見せ付けてくださった素敵なライブでした。若干トリップ気味で、夢を見ているかのような感覚。楽しい時間は、醒めれば一瞬だったことに気付いてしまうリアル『邯鄲』?(笑) 偶然ながら、休みが取れて本当に良かったです。

TTRライブ能in細野ビルヂング
◆10月13日(金)19時半〜 於・細野ビルヂング1F(大阪市西区)
★素囃子『五段次第』 ★連吟『高砂-初同』 ★観世流舞囃子『高砂-八段之舞』
★素囃子『神楽』 ★観世流居囃子『砧』
★素囃子『揉み出し』 ★観世流舞囃子『野宮』 ★観世流半能『石橋』
 シテ方:杉浦豊彦・浦田保親・寺澤幸祐
 笛:竹市学 小鼓:成田達志 大鼓:山本哲也 太鼓:上田慎也

■関連記事
kumiko日記:レトロなビルに響くお囃子「TTRライブ能」

funabenkei | 能・狂言鑑賞記録 | 06:40 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH