<< 粟谷菊生師 | top | TTRライブ能in細野ビルヂング >>

古典芸能研究センター

古典芸能研究センター

 休みの日、神戸まで出かけてきました。目的は三宮・生田神社の裏手にある神戸女子大学の古典芸能研究センター。狂言の見たことのない曲も含めて、具体的なセリフや演出がいろいろと知りたくて…。このセンターなら資料もあるかなと思い、訪ねてみました。

 ともかくも女子大の敷地なので…まずは守衛室に出頭。低姿勢に古典芸能センターを訪ねて来たことを申し出ます。女子大の守衛さんって怖いですからね(笑) そして改めて、古典芸能研究センターへ向かいます。

 学外利用者のところに名前を書いて閲覧室へ。ちらりと知った名前も数人分見かけて「あの人も来てるんだ」などと思いつつ(笑)

 研究員の方に来館の目的を話すと、「ここは文庫別に並んでるので、目的別に探すにはちょっと不便なんですよ。欲しい資料があったら何でも言って下さい」と、研究者でもない一素人にとっても親切にしていただきました。ありがとうございます。

 とりあえず狂言の総合ガイドのような本を数冊、それから私が知りたいのは大蔵流の演出なので、茂山千五郎家の台本(茂山真一[三世千作]書写本)と、山本東次郎家の台本(山本東[初世東次郎]書写本)で活字になっているものを出していただきました。善竹家の本がないのがちょっと不満(笑)

 茂山真一本を活字にした小学館の本は、わりと舞台での演出が想像し易いように書かれていて親切。でも収録曲数が少ない…(苦笑) 山本東本を活字化した岩波大系の方が収録曲数は多いですが、狂言の演出資料というよりは純粋な台本に近くて、私が知りたいところが少し分かりにくかったり…。

 両書に載っていない曲に関しては、仕方がないので、和泉流や鷺流の台本をとりあえずコピーさせていただきました。どこまで共通なのかちょっと心配ですが。

 「レコードやCDの音声、ビデオやDVDの映像もありますよ」と教えていただいたところに、当代茂山千作師のもので、調べたいと思っていた曲のビデオがあったので、それも見せていただきます。とっても面白かったのですが…最後にあったインタビューによると、千之丞師による新演出を入れて演じたとのこと。…今は素の場合の演出を知りたい私は、つい「入れんな〜」と突っ込んでしまいました(笑)

 閲覧室の端には「明治の謡本とその版木」と題して、観世流と金剛流の謡本の版元である檜書店から寄贈された版木と刊行された謡本などが展示されていたのですが、それもゆっくり解説していただきました。来月にある大学祭の時に、神戸女子大学の本校で、刷りや和綴じの技術を伝えている方を呼んで、版木から謡本が作られる過程の実演もなさるとか。見に行きたいですけれど、土日なんですよね〜(^^;)

 刷が重ねられてすり減ってしまっていたり、割り木を入れて文字を補充してあったりという様子は面白かったですし、研究員の方から、戦中・戦後には物資窮乏だったこともあって薪に使われてなくなった分があるとか、とある謡本の奥付に嘘が書いてあるって話だとか、裏っぽい話も聞かせていただき、楽しかったです。

 そのあたりから話が盛り上がって、能楽に関していろんな話を聞かせていただき、最後にはメールアドレスを交換してました。ああ、なんて楽しいんだろう、古典芸能研究センター(笑) そうこうしている間に閲覧時間の終わりが近づいてきたので、とりあえず目星を付けた台本だけコピーさせていただきましたが、終わらない(^_^;) 本当は閲覧時間が17時までのところを18時までいさせていただきました。

 本を取りに行く途中に今回調べることとは関係なくとも、面白そうな本が山ほどあって…。絶対に近いうちにまた行きます。…しかし、お土産(?)にとある研究会の発表レジュメをいただいたんですが…ほとんど意味が分からへん(汗) レベル高いです…。こんなのが分かるようになりたいものですね。


 …ところで本当は神戸まで行くんだからと、ちょっと足を伸ばして「猶眞の面」の能面展も覗かせていただくつもりだったのですが、18時までいたために次の用事まで時間がなくなってしまい、参れませんでした。ごめんなさい>BACKYARDさん

 まだ期間中に休みがありますので、行けたらいこうと思います。どうかご勘弁をば。

funabenkei | 能・狂言一般 | 07:57 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH