<< 「吉坊ノ会」無念…。 | top | 大阪観世会普及公演 >>

京舞井上流

京舞提灯

 京舞井上流は名前の通り、京都で成立・発展した日本舞踊の一種です。京都の年中行事「都をどり」など、祇園の芸妓さん・舞妓さんたちの舞といったイメージが強いですが。

 京舞井上流に関して、能楽との関連で名前だけは前々から知っていました。今の家元・五世井上八千代さんの本名は「観世三千子」。能楽シテ方観世流の観世銕之丞師の奥様です。そして父上が同じく能楽シテ方観世流で人間国宝の片山九郎右衛門師。そして先代の井上八千代(井上愛子)さんが九郎右衛門師のお母上。そのまた先代も片山家の方…という感じに、とても片山家と関わりが深いのです。片山家の財団(片山家能楽・京舞保存財団)の名前に「京舞」の文字が入っているのも当然です。

 その京舞井上流を見に行きました。今月1日〜6日まで連日催されていた「井上愛子(四世八千代)三回忌追善 京舞」という会です。最初の『東山名所』という舞から、華やかな着物を来た10人の女性が見事に揃った舞でした。もっとも見手の方は「うわー、私、祇園で舞を見てるんだなぁ〜」と違う感動をしてますが(笑)

祇園甲部歌舞練場

 京舞井上流は片山家との縁もあって、能と関わりの深い流派だといいます。「踊り」といわず「舞」といったり、体の軸がぶれない舞い方、表情を使わないといったのは能と共通ですが、舞踊ということもあって、能よりも更に「物語」というのがはっきりしません。より純粋に、人間の身体表現によって風情を表現する、というものなのかな、と思いました。

 あと女性による舞ということもあって、よりしなやかで色気があるように感じます。でも日本伝統の色気って、あからさまなものではなくて、抑えたところに出てくる。そんな感じでした。

 一番インパクトがあったのは、井上八千代さんによる舞『長刀八島』。能『八島(屋島)』に取材したものなので、親しみがあったというのもあるのでしょうけれど。最初、棹を持って登場して、能の前場・漁師が春の浦の情景を語る風情を表し、後半は「また修羅道の鬨の声…」と能『八島』と同じ歌詞で長刀を持って舞うもの。

 能でいえば飛び回りや合膝といったような激しい型も多かったのに、全然、着物の裾も乱れないんですよね(袴も履いてないのに!) ピタッと止まる長刀の刃先、強いけれど乱暴ではない足運び。「春の夜の波より明けて。仇と見えしは」とグッと舞台上手を見込んだら「群れ居る鴎」と緊張が緩和するところなんて、ホント良かったです。

 最後は井上八千代さんを筆頭に、井上流の名取が全員出演する群舞『夕顔』。一糸乱れぬ舞姿が見事でした。いやー良いもの見たなぁ。客席にも芸妓さんや舞妓さんがいたし、とっても祇園な雰囲気でした。

井上愛子(四世八千代)三回忌追善 京舞
◆10月4日(水)16時〜 於・祇園甲部歌舞練場
★上方唄『祇園名所』照□満・佳つ文・真生・琴葉・満友葉・有佳子・鈴子・真織・小愛・若奈
★義太夫・上方唄『伊達奴』井上安寿子
★一中節『夢の夜』井上奈加子・井上照千代
★地唄『長刀八島』井上八千代
★地唄『袖香爐』井上竹葉
★義太夫・上方唄・地唄『夕顔』井上八千代ほか

お店

 京舞を見る前に花見小路沿いの店で、湯豆腐御膳を食べました。とっても美味しかったです。祇園堪能! 次は、落語で親しんだお茶屋遊びだ!(ぉぃ)

funabenkei | 伝統芸能(能・狂言以外) | 09:27 | - | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH