<< 文楽 『夏祭浪花鑑』『連獅子』 | top | 九州国立博物館 >>

アツい!囃子のBEAT!!

アツい!囃子のBEAT!!

 さて気が付けば8月も最終日ですが、この日記の内容は11日のこと(笑) 前にも少し書きましたが、8/11〜12は1泊で福岡に行ってきました。きっかけは、時々このブログに書き込んで下さる九州のもっこすさんから来たメールでした。

 ご存知かと思いますが、今度8月11日に白坂保行先生がワークショップをなさいます。かなりアツいワークショップになりそうです。ゆげひさんもよかったらいらっしゃいませんか?

 11日は大阪薪能で『翁』を見るつもりで休みの希望を出していたのですが、上司から「もうめんどうやから、お前は11・12で連休や」と言われ、これは福岡に行けとの天啓か!?(大袈裟)と、大阪薪能のチケットは12日に使うことにして、早速新幹線のチケットとホテルの予約をしたのでした。「トクトクきっぷ」で自由席より安い値段で指定席が買えたのがちょっと嬉しい(笑)

 白坂保行先生は大鼓方高安流で、九州若手能楽師の中心的存在のお一人。初めて拝見したのは大阪の大槻能楽堂の舞台だったと思うのですが、その時以来、大好きな大鼓方のお一人です。2004年11月に九州の能楽サイト「柳の下」のWSに行って、少しお話する機会を得たのですが、その時「年に1〜2回は大阪でも舞台を勤めます」と仰っていたので、それ以降せっせと通っています。

 その保行先生が催されたWSというのが、一番上のチラシ。その名も「アツい!囃子のBEAT!!」です。チラシには大きな文字で「五線譜に書けない音楽もある」とあり、小さな文字で「3つの打楽器が刻むビート。笛の音は空気を切り、掛け声は魂を揺さぶる。能の囃子はエキサイティング 能楽殿がライブハウスに」。この文句だけで、既にアツいですね!

 ただし会場の住吉神社能楽殿。ネットで検索しても、大阪府豊中市にある服部住吉神社の能楽殿(←大阪現存最古の能舞台…だったはず。数年前までは毎年服部薪能が催されてましたが、現在使用されず)が出てきたりして、今ひとつ位置が分かりません。結局、もっこすさんに博多駅まで迎えに着てもらいました(笑)

 住吉神社は博多駅から歩いて10分ぐらい? もっこすさんに会って(私が一方的に)喋りまくっていたので、すぐ着いたって感じでした。ただ早く着き過ぎたために、まだ開場してません(笑) 入口隣にある住吉神社能楽殿の説明を読んだり、住吉神社の本殿を見に行ったりして、少し時間をつぶしました。

 住吉神社能楽殿は1938年に建設されたもので、かつては福岡の演能の中心地だったそうですが、大濠公園能楽堂が出来てからは使用されることはなくなり、そのまま朽ちかけていたそうです。しかし、時々他ジャンルの公演が行われ、特にアコースティッック系のアーティストには「音のいい小屋」として口コミで広まっていたとか。

 そして能舞台こそが本拠地である能楽師の方々も、1996年になって福岡市能楽協議会を結成して、住吉神社能楽殿の保存活動を始められ、1999年には福岡市から文化財として指定されました。今回の「アツい!囃子のBEAT!!」は「能楽師と遊ぼう」という一連の企画の一つで、実は住吉神社能楽殿の保存・活用の一環でもあったんですね。

 …さて開場時間になり、能楽殿に入りますが、よく見ると入口の扉に穴が空いてます。「朽ちかけてる」って文字通り!? 中は下の写真のような感じ。地謡座の裏に、貴賓席?なのか高欄付き桟敷があったりするのが印象的。客席は桟敷で、正面が4段、脇正面側が3段の段差がある、趣のある素敵な舞台でした。

住吉神社能楽殿

 ところで、文化財だけにこの能楽殿、空調がありません(笑) いくつか扇風機が置かれ、さらに夏の名物となっているらしい氷柱は置かれているんですが…それでも、めちゃくちゃ暑かったです。入口で配られたかちわり氷のサービスが本当に嬉しかったです。

氷の柱

 私は開場前から行ってたので、最前列に座れましたけれど、その後ドンドンお客さんが入って来て、最終的にはこれでもかというぐらいの客入りになりました。途中で入りきれなくなったので、途中で会場整理が行われたほど。この人数のために、余計に蒸し暑かったことは疑い様もありません。

 しかしその暑さ以上に、魂から熱くなるような演奏でした! 多少暑かろうが、団扇をパタパタ扇いで空気を乱すのはもったいない。じっと集中して、味わわなければ大損。そんなことを自然と思う、そんな演奏。福岡まで来て良かったです〜! まさにライブの良さを思いっきり堪能できました。

 演奏されたのは最初に登場しての『早笛』。

 そして出演者の紹介。笛は藤田流の竹市学師、今回名古屋からの来演です。関西での出演も多い方ですが、カッコいいんですよね〜。小鼓は幸流の飯田清一師。太鼓は金春流の吉谷潔師。そして大鼓は当然、高安流の白坂保行師。それぞれの紹介の時に、軽くそれぞれの楽器を演奏なさったのが良い。演奏者ですもの、言葉で話すよりも、その楽器の音色こそが何よりの"紹介"だと思いますもの。

 そして、簡単な解説があった後、『神楽』の演奏。序(始まり)は笛の独奏から始まって、打楽器が徐々に入り、そして『神楽』特有の旋律へ入って行く。後で聞くと「スリ拍子」というそうです。最後の「直り」(笛の旋律の変化)以降は、『絵馬』のように、急テンポ。これがまたカッコ良い。

 次は『大小序之舞』〜『太鼓入中之舞』〜『盤渉早舞』〜『男舞-瀧流之伝』〜『クツロギ』〜『神舞』〜『急之舞』というメドレー。男舞と神舞の間が「『融』で聞いた覚えがあるぞ、この囃子」と思ったところ、クツロギだったそうで。能の中でも最もゆっくりな序之舞から、だんだんとテンポアップしてきて、最後は最速の急之舞まで繋げるというものです。

 「大小」は大鼓と小鼓のことで、つまりは太鼓が入らない意味なので、太鼓は太鼓入中之舞から打ち出すんですが、男舞には太鼓が入らないので離脱して、またクツロギから入るというのが面白かったです。

 最後は、お囃子コンサートでは定番の『乱序〜獅子』。定番ですが、やっぱりカッコ良いですよね〜。それぞれの囃子の気迫と気迫がぶつかり合いながら、一つの音楽を作って行く。まさにこれこそ能楽囃子。私、能や狂言では、あまり拍手はしないほうなんですが、これは拍手せずにはいられなかったですね。

 最後にはアンコールとして、創作能『博多山笠』より「櫛田入り」。博多の祇園山笠がどんな祭なのか、はっきりは知らないのですが、だーっと櫛田神社に走りこむんでしょうか? 私がこの囃子からそんな様子を想像したような、短いながら、勢いと気迫がビンビンに伝わってくる演奏でした。

 ホント良かったです。短いながら良い夢を見に、福岡まで行った感じでした。終わったあと、もっこすさんや瀬山さんたちと一緒に次の日の朝までオールでしたし(笑) もっとも最近夜にめっきり弱い私は、早々にダウンしてしまったのですが。

 でも、本当に楽しかったです。あまりに楽しかったので、大阪に帰ればまた仕事かぁ…と思い、福岡を去り難い気持ちにさせられました(笑) 実際、この後のお盆中連勤のために疲れ果て、更新ストップとなってしまったわけですけれど(^^;)

■関連記事
扇之介日記:暑い(熱い)住吉能楽殿
右手の神さま by 秋山尚美:アツい!囃子のBEAT!!

funabenkei | 能・狂言鑑賞記録 | 09:29 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH