<< リベンジ惨敗 | top | 花園大学公開講座 能『井筒』 >>

片山家能装束・能面展

片山家能装束・能面展

 1日は休みだったので、京都文化博物館へ片山家能楽・京舞保存財団の「能装束・能面展」へ行きました。今年は「第十回 回顧展〜十年の軌跡〜」と題して、過去に人気のあった装束や面が展示されているそうです。私は3年前の催しに一度だけ行ったことがあるだけなので、見覚えのある装束や能面なんてありませんけれど…。

 会場が博物館なので普通の展示室かと思いきや立派な畳張りの和室で、装束や面の前に正座してゆっくり対面することもできるのが良いですよね。毎日、何度も解説が行われますが、今回も3年前の時も片山九郎右衛門師自らの解説に当たりました。しかも無料! 片山家って太っ腹です。

 しかし、こういうところに行くと毎回感じるのは…私って、つくづく芸術とか美術オンチだな、ということ。装束にしろ能面にしろ、興味がある割に「綺麗でした」「渋いです」程度しか言えなくて、それ以上の鑑賞は苦手。

 実物よりもむしろ、廊下に並べてあった片山九郎右衛門師の演能写真を見て、「あ、あの装束がここに使われてる!なるほど〜」と能の曲と関連付けたり、もしくは「萌葱地蜻蛉懺法法被」のように、その装束の由来に関するエピソードがあって初めて興味を持てるタチなんですよね。

「萌葱地蜻蛉懺法法被」
 室町八代将軍・足利義政が、三世観世大夫・音阿弥に賜った袈裟を能装束に仕立てたもので、観世宗家では『朝長』に「懺法」の小書が付いた時にのみ使われる。片山家のものは写し。

 「赤地松皮菱唐花袷法被」なんて真っ赤で派手なんですが、老武者が主人公である『実盛』に使ったりするそうで。それは謡に「赤地の錦の直垂を」とあるから。老武者であるからこそ、若々しい装束を見につけるんですね。

 元々平安古典の世界が好きな私には、能装束には珍しい直衣(萌葱地武田菱地紋直衣)も楽しく拝見しました。『融』、もしくは『鷺』の王などで高貴な役で使うということです。

 能装束の場合、貴族の扮装に狩衣を使うのが普通ですが、本来狩衣は名前の通り、狩の時に着るスポーツウェアで略装。直衣の方が一つ上の装束です(もっとも直衣も略装…。正装は衣冠や束帯)。元は光格天皇(在位1779-1817)の御衣だったという言い伝えがあるそうで、後ろに裾が長くあったらしいですが、能装束としては舞の邪魔になるために切り落としてあるとか。

 能面は今回は女面ばかり。女面が人気があるのはなんとなく分かりますが、激しい造形の鬼面好きにはちょっと残念でした。一つだけ参考として出品されていた「飛出」の面は、飛出にしてはおとなしい形。名前の由来である目もあまり飛び出ていませんし。なんとなく「怪士」に近いような…。

 というと! もしかして去年のTTR能プロジェクト公演『船弁慶』の後シテに片山清司師が使われていた「飛出」の面ってこれなのでしょうか? ちょっと変わってると感じたものの、とってもお似合いでしたので印象に残っている面です。約1年ぶりの再会で、嬉しくなってしまいました。

 あと展示されていた仕舞扇の絵を描いた画家・入江波光さんについて、九郎右衛門師が戦前、河原町丸太町にあった旧京都観世能楽堂の鏡板の老松がどうも良くない、その内描き直そうと洋画家の須田国太郎さんと話されていたのに、その前に強制疎開の命令が出て能楽堂が取り壊されてしまった、というエピソードを紹介されていたのが心に残っています。須田国太郎さんの名前が出て来たのがちょっと嬉しかったり(笑)

 片山家は京舞井上流の家元でもあるので、井上流の舞扇も少し展示されていましたが、上村松篁さんと息子・淳之さんによる絵のもの。私が大好きな上村松園さんの絵がないのは少し残念でしたけど(笑) 「上村松園」「須田国太郎」という、自ら能を習い、また能を題材にした絵を残されている近代京都の画家お二人の名前に弱い最近です。

 入り口のところでは先着100名限定で特製プリクラや能面シールが売られていました。ちょっと興味はあったけれど…やっぱりやれないとそのまま直帰です(笑)


 片山家の「能装束・能面展」を見終わった後、次の用事まで少し余裕があったので、下の階で特別展「北斎と広重」展に行きました。『冨嶽三十六景』や『東海道五十三次』といった超有名な浮世絵が展示されてましたが…なぜか「江戸の誘惑」展ほどの衝撃は受けなかったです…。やっぱり美術系の友人と一緒に行かなきゃダメなのか、私?(苦笑) 『京都名所之内』『浪花名所図会』は少し楽しみましたけれど(←つくづく関西好き)。

TBPeople 能・狂言
funabenkei | 博物館・美術館 | 08:49 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH