<< 面白能楽館〜お能でいっぷく〜 | top | リベンジ惨敗 >>

文楽 楽屋と『夫婦善哉』

 29日は「面白能楽館」が終わった後、大阪の国立文楽劇場へ移動。「文楽 夏休み特別公演」の第三部『夫婦善哉』を見に行きました。完全に古典芸能漬けな一日でした(笑)

文楽楽屋にて

 これは文楽に詳しい方に誘っていただいたもの。割と早く着いたので、開演前に楽屋へ連れて行ってもらい、そしてとある三味線の方に、舞台裏を案内していただきました。太夫と三味線が出る"床"の裏、そして緞帳の裏のセット。舞台に人形が出入りする、あの幕も通ってしまいました(笑)

 それにしても、本番直前というのに楽屋内が随分リラックスしている雰囲気だったのが印象的でした。もっとも一ヶ月近くずっと公演するのですから、毎日ピリピリしていては持たないのでしょうけれど…。せっかく三味線の方に案内していただいたのですから、三味線のことも質問できたら良かったとは後悔。ただ太夫の語りや人形に比べれば、渋いので、もっと文楽を知らないと分からないだろうなぁ…と。

 『夫婦善哉』は織田作之助(1913-1947)の同名小説『夫婦善哉』を文楽に仕立てた新作。といっても原作は全然知らなかったのですけれどね(^^;) 大正末期〜昭和初期の大阪下町を舞台にしています。

 文楽は好きなんですけれど、古典演目を見ていると、どうも一箇所ぐらいは主君のために自分の子を殺すといった「この感覚、馴染めないなぁ…」と思う箇所があるのですが、この『夫婦善哉』はそんなこともなく、私にはすっきり入ることのできる演目でした。

 主人公である蝶子が、放蕩でだらしがなく甲斐性もない柳吉に(喧嘩は絶えないものの)それでも尽くす根本にあるのが、「好いた男のぼんぼんと、何が何でも添いとげにゃ、なにわ女の値打ちが下がる」と惚れた弱みと意地だってのは、なんかとっても好き。ちょっと古いですけれど、良き大阪風情ですよね。

 最後まで柳吉はだらしないままですが、それでも二人で夫婦善哉を食べて、雪の降る中、相合傘で「めをとぜんざい ぜんざいぜんざい よきやかな」と終わるのがなんとも良いです。笑いも各所に散りばめてあって、人情喜劇といった感じでした。

 もちろん蝶子の健気さは光ってますが、ポイントは柳吉。甘ったれというか、あかんたれというか。ホンマにぼんぼんで、自分はロクに働かず、蝶子がコツコツ溜めたお金で散財したりして、やることはかなり酷い。正直なんだコイツはとも思うんですけれど、でも、どこか自分にも似た部分もあるように思えて、どこか憎めない愛嬌のある人物でした。

 古き大阪好きの私には、大阪言葉がたくさん出てくるのも嬉しいです。パンフレットについていた床本(台本)を読み直しては、太夫の語りを思い出してます。

 上方落語を最近聞くのも、より楽しめた一つの要因だと思います。細かいところですが、例えば、柳吉が「ミナミのうまいもん」を挙げる場面がありますが、その中の「法善寺境内正弁丹吾亭の関東煮(かんとうだき)」

 桂米朝さんの落語『馬の田楽』のマクラに、今では関西でも「おでん」といえば煮込みのものですが、古くは豆腐やこんにゃく・里芋などをを串にさして味噌をつけ、火であぶったものが関西風の「おでん」だった、そのため煮込みのおでんは「関東煮」と言った、という話があります。昭和30年ぐらいまでの話しだそうです。

 米朝さんの本『米朝ばなし〜上方落語地図』という本を読んで、大阪の古い様子を多少は見知っていたのも、楽しむのにプラスになったと思います。柳吉と蝶子が二人で作った店「カフェーサロン蝶柳」がある「下寺町」というのも、この本を読んでなかったら、あまり場所が分からなかったでしょうから。

 『夫婦善哉』には新作ということで、少しですがBGMも使われています。最初は花火の音から始まりましたが、最後の「千日前法善寺横丁 めをとぜんざいの段」の始まる前は、どこかで聞いたことのあるお囃子。

 ん?と思ってたら、桂春團治さんの出囃子「野崎」です。床本にも「法善寺の花月で春団治の落語を聞いてゲラゲラ笑い」とか「寄席の花月の出囃子も 野崎の連れ引き なつかしや」とあります。私が聞いたことがあるのは今の春團治さんですが、劇中の「春團治」は先代か先々代ですよね。どちらなんでしょう。

 楽屋裏も、そして舞台もとっても楽しめた文楽第三部でした。今度は第二部の『夏祭浪花鑑』と『連獅子』を見に行きます。こちらもとっても楽しみです。

文楽夏休み特別公演 第三部「社会人のための文楽入門」
◆7月29日(土)19時〜 於・国立文楽劇場
★解説「おおさかの人びと そして文楽」
 竹本文字久大夫・竹本浩三

★『夫婦善哉』
 北新地曽根崎・茶屋染太郎の段
   豊竹呂勢大夫
   竹澤宗助
 上塩町がたろ横丁・一銭天婦羅たねの段
 高津日本橋黒門市場裏・二階間借りの段
   豊竹英大夫
   野澤喜左衛門
 下寺町電停前・カフェーサロン蝶柳の段
 千日前法善寺横丁・めをとぜんざいの段
   豊竹嶋大夫
   鶴澤清介

 柳吉=桐竹勘十郎
 蝶子=吉田和生
 同輩芸者金八=吉田勘弥
 おちょぼとめ子=桐竹紋秀
 父種吉=吉田玉女
 母お辰=桐竹紋豊
 周旋屋おとき=桐竹亀次
 娘京子=桐竹紋吉
TBP人形浄瑠璃 文楽
funabenkei | 伝統芸能(能・狂言以外) | 11:15 | - | - | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH