<< 大鼓浴衣会『山姥』 | top | 天神祭・浴衣・花火 >>

東寺/爆睡

東寺境内

 22日は珍しく土曜日で休みでした。そこで京都の友人を誘って、前々から楽しみにしていた川本喜八郎監督の人形アニメーション映画『死者の書』を見に行きました。京都みなみ会館という東寺近くの映画館なんですが、えらく早く着いてしまったので、まだ行ったことがないしと東寺を見物に。

 暑いことで有名な夏の京都ですが、東寺の境内に入ると涼しい。やはりアスファルトやコンクリートだと暑いんですね。金堂や講堂といった建物の中はますます涼しい。まさに静謐な空気という感じです。こういった古い仏像群を見ていると、新しいものにはない不思議な魅力を感じますが、中でも興味が惹かれたのは講堂の立体曼荼羅の端を構成する、五大明王。

 中央に不動明王。それを四明王が囲んでいます。それを見ていて、どうしても思い浮かぶのは能『船弁慶』。平知盛の怨霊を退散させるため、弁慶が「数珠さらさらと押し揉んで。東方降三世。南方軍茶利夜叉。西方大威徳。北方金剛夜叉明王。中央大聖。不動明王の索にかけて。祈り」という部分。まさにその配置なんですよね。

 全てが平安時代前期に作られた国宝! まさに圧巻。特に不動明王は、周囲を囲む四明王が三面六臂だったりする(大威徳明王に至っては足まで4本ある)のに対して、シンプルに顔もひとつ、手も二本。武器は右手に剣を持っているだけなんですが、それが却って強そう。こんな明王たちが現れたら、いかに平知盛でも祈り伏せられてしまうだろうなぁ…と思ったのでした。

 仏像以外にも境内の様子もとても良かったです。仏像としての魅力とは別に気になったのは大日如来を囲む四如来のひとつ「宝生如来」(笑) 能楽シテ方の流派の名前って、観世(観世音菩薩)も金剛(金剛波羅密多菩薩など)も宝生も仏さんの名前なんですねぇ。喜多は後で成立した流派ですから別物で、元は「北」だったと聞きますが、でも金春という仏さんはいなさそう…。古くは「今春」とも書いたらしいので、そちらで探すべき?

 で、肝心の『死者の書』なんですが…暗くて気持ち良かったものですから、寝てしまって、ところどころしか見れませんでした(^^;) 睡眠不足? 絶対もう一度見に行きます!

 その日は夜に大槻能楽堂のろうそく能で観世銕之丞師の『半蔀』も見に行ったのですが、こちらも熟睡でした(苦笑) 序之舞以降は見ましたが、当代の観世銕之丞師って「何の曲を舞っても強い」というイメージだった(だから強い曲ばかり見てた)のが、かなり良い意味に裏切られました。運びの安定感はとても良いですし。それだけに残念…。

funabenkei | 行ってきました | 09:46 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH