<< 大阪能楽会館 能楽教室 | top | 能楽師になった外交官 >>

橋岡久馬の能

4900455547アポロンにしてディオニソス 橋岡久馬の能
文:多田富雄 写真:森田拾史郎
アートダイジェスト 2000-10

by G-Tools

 シテ方観世流の橋岡久馬師(1923-2004)の写真集。この方の能を見たのはテレビで一度だけ。『鉄輪』でした。幕から出てきた姿は上半身が安定していない。独特過ぎる拍子あたりの謡。そんなのありか!?と一瞬目を疑うような型。…今まで見てきた能とのあまりの違いにびっくりしました。

 でも、同時に一気に引きこまれたのです。「異形の能」…そんな言葉が頭に浮かびました。決して他人が真似してはダメだと思う。けれど、その芸自体は凄まじい力を持っている。東京にはこんな能楽師もいるんだ。生で見てみたいなと思っている内に亡くなられてしまいました。非常に残念に思ってます。

 この本に納められた写真を見ても、『鉄輪』で受けたのと同じ、いやそれ以上の「異形」さと衝撃を受けます。多田富雄さんの文章は「橋岡久馬ほど毀誉褒貶の激しい能楽師も少ないだろう」と始まりますが、分かる気がします。『鉄輪』に魅せられた私は、大学にビデオを持って行って見せましたが、「メチャクチャじゃないですか」と笑った後輩もいましたものね。そしてそれも否定はできませんし。

 ともかく、変わった方だったのだろうと思います。久習会のサイトを見ても、「普段も内弟子に用を命ずる時などはフランス語を使われた」「常に完全な正字・正仮名遣いによる候分で手紙を書かれた」などと書かれていて…変わっているのは舞台だけじゃないんだ、と思ったものです(笑)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 13:25 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH