<< 橋岡久馬の能 | top | 舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 >>

能楽師になった外交官

4121014898能楽師になった外交官
著:パトリック・ノートン 訳:大内侯子・栩木泰
中央公論新社 1999-08

by G-Tools

 著者のパトリック・ノートンさんは、ベルギーの外交官。1968年に大阪総領事として日本に赴任した際、ふとしたきっかけで神戸の上田照也師(シテ方観世流)に謡を師事して以来、その魅力に憑かれてしまったのでした。

 1972年に日本を離れますが、再び日本へ赴任することを努力し、1988〜97年には駐日大使として再び日本へ。その間に師匠の照也師は亡くなってしまいますが、代わって観世清和師、次いで照也師の三男・上田公威師に謡を習うようになりました。ノートンさんの謡稽古の体験記がこの本です。

 タイトルには「能楽師」とありますが、文中に「アマチュア能楽師」という言葉も出てくるように素人愛好家のことで、一般的なプロの能楽師という意味ではありません。ただ、ノートンさん自身が一般的に「能楽師」と呼ばれていたようで、訳者あとがきに「あえてつかわせていただいたことを付記しておく」とわざわざ書かれています。

 ただ外国の外交官という立場からの能の世界。面白かったです。ベルギー外務省の決まりで、外交官としての業務内容のことは書けなかったそうですが、そのせいか、読んでいると能三昧で大使の業務をしてらっしゃったんじゃないかと錯覚してしまうぐらい(そんなことはあり得ないでしょうけれど)、濃い能楽体験記でした。日本への愛を感じてしまいますね。

 上田家は神戸の能楽の家なので、関西在住の私にはちょっと親しみ(笑) 長田神社の薪能の話などもありましたし。後半は、本田技研の創業者・本田宗一郎さんに関する文章で能には関係なかったのが残念です(笑)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 13:17 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH