<< 風俗博物館 | top | 大阪能楽会館 能楽教室 >>

キトラ古墳の白虎

キトラ古墳と発掘された壁画たち

 碧穂さんへの同行記の続き。風俗博物館を出ると、すぐに京都から近鉄に乗って奈良県へ移動です。奈良文化財研究所の飛鳥資料館へ特別展「キトラ古墳と発掘された壁画たち」を見るためでした。

 近鉄でも宣伝に力を入れているらしく駅内に多数のポスターが貼られ、券売機の横には「飛鳥資料館の最寄駅・橿原神宮前までは○○円です」という表示。さらに駅内放送、前売入場券の販売と本当に熱心なことでした。橿原神宮前駅に到着すると、西口から資料館までの直通バスが運行中。私たちもそのバスに乗ります。

 資料館へ到着すると、平日とは思えない人・人。白虎を見るための待ち時間表示が行われていましたが、40分とのことでした。白虎公開が始まってから、資料館開館以来の入館者数を記録しているそうですが、半端ではありませんね。平日だったんですけれど。

 飛鳥資料館へ入るのは私は初めてでした。白虎を見る前に順路に従って平常展から。常連の碧穂さんは「普段は順路が決まってないのに〜」と仰ってましたが。飛鳥という地域全体の古代に関する展示で、特に蘇我倉山田石川麻呂ゆかりの山田寺仏頭が印象深かったです。

 石川麻呂は蘇我入鹿の従兄弟。大化改新の際には娘を中大兄皇子に嫁がせて皇子側に立ち、蘇我本家滅亡後に右大臣となりますが、五年後謀反の疑いを受け、建立中の山田寺にて自殺しました。あまり有名な人ではありませんが大化時代の大豪族で、持統天皇や元明天皇は孫にあたります。

 その山田寺の仏像ですが、現存するのは頭だけ。そのため「仏頭」と呼ばれます。後に興福寺が強奪したことで有名(笑) しかし頭だけでもかなりの大きさで、今は見れない全体の姿を想像するだけで、石川麻呂の権勢が想像できますね。

 ほかに高松塚古墳の換気設備に関する展示もありましたが、壁画にカビを生やしてしまったことが分かる今となっては、ちょっと苦笑ものですね。

 …と一人で初めての飛鳥資料館の展示に浸って、碧穂さんたちをお待たせしてしまいました。これは失敗。さらに奥の部屋では山田寺回廊の原寸大再現があったのですが、その部屋の半分ぐらいが、白虎目当ての列の最後尾で埋まってます(汗) 本当は回廊もゆっくり見たかったのですが、見ている間に列がどんどんと長くなっていってますので。慌てて列の最後尾に加わりました。回廊は次の機会に。

 最大の目的のキトラ古墳の白虎の展示。両左右を警備員が固め、係員の指示に従って次々に見ていく物々しいものでした。実際に見れたのは1分もない、かなり短い時間。大行列ですから仕方ないとはいえ…ちょっと残念。

 結局、壁画をじっくり見ることができたのは、地下にある写真のコーナーででした。"赤外線デジタル写真"だとかで、ある意味生で見るより良く見えるんですけれど…なんというか。

 しかし"白虎"といいますが、首は長く曲がっていますし、どう見ても"虎"とは別物ですね。単に白い虎をイメージしていた私の想像力が貧困なだけですが(苦笑) 北に描かれている"玄武"も、亀と蛇が絡みあっているわけで、"玄武"という動物というわけはないみたいです。

 私が分からないなりに興味があるのが、天井に描かれているという天体図。北斗七星ぐらいは分かりますが、他はギリシア神話系の星座名に慣れていると全然分かりません。でも天空の星々を古代人はこんなに違う見方していたんだなぁと、ちょっとロマンを感じます。「天文を能くした」と史料にある天武天皇に思いを馳せたりして。

 白虎の展示自体は5月28日で終わってしまいましたが、特別展「キトラ古墳と発掘された壁画たち」自体は6月25日まで催されています。白虎の展示が終わった今はもう混んでないでしょうから、飛鳥の気持ちの良い自然を堪能ついでに訪れるのも良いですよ(^^)

■同じ話題の他の方の記事
紀行:キトラ古墳・白虎

funabenkei | 博物館・美術館 | 08:38 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH