<< 「江戸の誘惑」展 | top | キトラ古墳の白虎 >>

風俗博物館

風俗博物館(1)

住所:京都市下京区新花屋町通堀川東入ル 井筒南店ビル5F

 これも少し前の話ですが、古代史仲間の碧穂さんが九州から京都・奈良へいらっしゃいました。その中の1日だけ、都合良く仕事が休みでしたので、私も同行。古代史・古典文学の世界に浸れる楽しい時間となりました。

 朝9時にJR京都駅にて碧穂さんと合流。最初に向かったのが風俗博物館です。風俗博物館はJR京都駅から歩いて10分ぐらい、西本願寺の北の端から少し東側に入ったところにあります。『源氏物語』をテーマに平安時代の姿を人形で展示しています。

 エレベータで入ると、最初に目に入るのが1/4サイズで再現された光源氏の邸宅・六条院「春の御殿」。期間ごとにテーマを決めて、『源氏物語』の特定の巻を再現した展示がなされています。

 今の期間は「若菜 上」より、女三宮の六条院降嫁の様子でした。上の写真は、光源氏自身が女三宮を抱きかかえて車から降ろしている場面です。女三宮は前天皇の皇女。本物のお姫様だっこです! ただ40歳の源氏に対して、女三宮14歳というのが犯罪にしか感じられませんが(笑)

 あまり大きくはありませんが、入館料は一般400円と安価ですし(ちなみに高大生300円・小中学生200円)、立体でリアルに平安絵巻の世界が感じられるのが何よりの魅力。また写真撮影OK、おしゃべりも自由というのが嬉しいです。

 そんなわけで写真を撮りまくってきたので載せておきますね。ただ愛用のデジタルカメラを忘れてしまい、携帯電話のカメラによるものですが…。

風俗博物館(2)風俗博物館(3)
風俗博物館(4)風俗博物館(5)
風俗博物館(6)風俗博物館(7)

 1/4サイズの部分以外に、少しですが原寸大の調度品や人形が置かれたコーナーもあり、その中に実際に入って楽しめます。袿や狩衣も置かれており、実際に着ることができます。そんなわけで狩衣を着て、ちょっと袖を返して舞ってみました(笑) 撮影は碧穂さんが携帯電話にて。サイズは小さいのが少し残念ですが、顔が隠れてちょうど良いです(笑)

気分は融の大臣

 平安装束なら雅楽の舞でなければならないのでしょうが、能の型(笑) 狩衣ですから能『融』のシテ・左大臣源融をイメージして、早舞のつもり…。

funabenkei | 博物館・美術館 | 12:09 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH