<< 実家 | top | 風俗博物館 >>

「江戸の誘惑」展

江戸の誘惑

 松風村雨堂の記事へamiさんが下さったコメントへのお返事で、ある程度書いているのですが、神戸市立博物館で催されていた「江戸の誘惑」展に誘惑されに行きました。アメリカのボストン美術館に所蔵されている肉筆浮世絵の展覧会です。…大阪在住になったのに、なんだか神戸にばかり行ってますね、私(笑)

 和服を来ていくと入場料半額と聞いたので、しっかり着物で行く私。ただ完全な夏物を着ていたので、着物に詳しい方には噴飯ものな格好だったかも…だから具体的な格好は伏せます(笑)

 ツレは「大絵巻展」の時と同じ中学以来の友人。一人で博物館や美術館の展示に行くのは心の赴くままにも見れて良いですが、同系統に興味のある友人と一緒に右見るのも楽しいものですね。特に彼は前々から浮世絵などが好きなので、心強かったです。

 展示品には菱川師宣・喜多川歌麿・葛飾北斎・歌川広重…江戸時代の美術には疎い私でも、聞いたことのある名前がズラリ。ただ「大絵巻展」の時に書いたように、絵自体の良し悪しが今ひとつ分からない私は、描かれた風俗に興味を持ってみていました。この絵に登場する人たちが、どんな着物を着て、どんなことが行われているのか。この場面はどういう雰囲気の場所なのか。

 そういう意味で一番楽しめたのが菱川師宣の「芝居町・遊里図屏風」。片面の遊里図では、太夫(最高位の遊女)が禿(侍女)を引き連れて練り歩き、それをぽかんと見ている男たち。時代劇でよく見る、格子の向こうから声をかける遊女たちとその前に立ち止まる男。奥の座敷では小鼓と三味線、手拍子に合わせて舞う芸者がいて、それを脇息にもたれかかって見ている金持ちそうな人物がいます。

 一方の芝居町図には芝居小屋・中村座の様子。「猿若勘三郎」の看板が立つ入り口の横には客引きが台座の上に立って、道行く人に呼びかけてます。舞台上では男役女役、様々な格好をした役者たちが列を作って、右手の三味線奏者の方へ踊りながら進んでいます。看板には「四季大おどり」と書いてあるように思います。奥には鎧を着たり、鬘をつけたりしている役者の姿が描かれていて、舞台裏のようです。各場面を分ける雲はもちろん、地面の色もひたすら金箔で表されていて、いかにも華やかな屏風でした。

 歌舞伎の看板などの展示もあり、浮世絵と歌舞伎のつながりの深さを感じました。役者絵は三代目中村歌右衛門。前に行った「大坂歌舞伎展」で紹介されていた片方の主役です。前に見た上方の役者絵は素人画家によるものでしたが、こちらは江戸のプロ絵師・歌川豊国によるもの。三代目歌右衛門は江戸に下って5年間中村座で活躍したそうですから、その時のものでしょう。江戸から上方に戻る時には、200人もの見送り人が出、贔屓連中や七代目市川團十郎からの餞別の多さが評判になったといいます。

 最後の展示室には「古典への憧れ」と題して、見立絵が多く展示されていました。見立とは、中国や日本の物語や伝承、故事などに取材して、それを江戸時代の風俗にやつして表現すること。能に関わるものが多く、『草子洗小町』『羅生門』『江口』『石橋』『松風』『高砂』『砧』などがありました。

 見立はただ江戸時代の風俗にやつすだけではなくて、アレンジも行われてます。例えば『高砂』では熊手と箒を持った尉と姥のはずが、まだ前髪のある若侍と娘になっていたりと。でも、寺子屋などで教科書代わりに謡や浄瑠璃も使われていたそうですから、庶民もこういった"ひねり"が加えられた絵でも楽しむことができたらしいです。うーん、侮るなかれ江戸時代人の教養、ですね。

 それから楽しみにしていたのが、葛飾北斎の「朱鍾馗図幟」! 鍾馗は能にも登場しますが(能『鍾馗』『皇帝』)、魔除けの神のようなもの。日本では5月5日の端午の節句に幟が立てられて、子どもの健やかな成長を祈ったそうですが、その風習に思いを巡らして楽しいものとなりました。描かれている鍾馗は、力強くもどこかひょうきんな感じが良いですね。朱色は疱瘡除けの意味があるそうです。

 あと印象に残っているのが、女性の舞踊を描いた勝川春章の「石橋図」。躍動感があって好きです。能『望月』でも使われる、扇を二つ重ねて獅子の口を表現する様子もツボ。

 それから最後に展示されていた菱川師宣および菱川派の「変化図巻」妖怪図&鳥山石燕の「百鬼夜行図巻」といった妖怪絵。菱川派の「変化図巻」は、様々な妖怪変化の姿を楽しんで書いたのかな?と思うような見ていて楽しい絵巻でしたし、鳥山石燕は京極夏彦さんの小説本で良く見るうちに好きになった絵師でした。その生の絵が見れて幸せ。いろんな妖怪が描かれていますが、犬神と山姥が特に良かったです。今ちょうど大鼓で『山姥』の稽古をしていますし、イメージのひとつとして心に留めておきましょう(^^)

 70点もの展示を見終わると、さすがに疲れました。でも見に行ってホント良かったです。でも足が疲れて、さすがにゆっくり腰を下ろして休みたい。朝始めから行って、昼過ぎになってましたから、お腹もそろそろ空いてきた頃合。そんなわけで近くの南京町へ行き、美味しい中華料理を食べながら休憩しました。

 神戸展はもう28日で終わってしまいましたが、この後、名古屋展が6月17日(土)〜8月27日(日)まで名古屋ボストン美術館にて、東京展が10月21日(土)〜12月10日(日)まで江戸東京博物館にて催される予定ですので、興味のある方は是非覗いてみてください。

funabenkei | 博物館・美術館 | 10:03 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH