<< 平重衡捕われの松 | top | 布引の滝 >>

松風村雨堂

松風村雨堂その二

住所:神戸市須磨区離宮前町1

 今回の須磨能楽紀行の最後の目的地は松風村雨堂。「平重衡捕われの松」のある須磨寺駅から次の月見山駅へ向かう途中にあります。現地の案内板には下のようにありました。

 在原行平は仁和二年(八八六年)光孝天皇の怒りにふれ須磨の地に配流されて寂しく暮らしていた。その時、潮汲みに通っていた多井畑の村長の娘"もしほ""こふじ"の姉妹をいとおしく思い、松風・村雨の名を与え仕えさせた。三年の歳月がたち、許されて京都に帰る行平は、小倉百人一首で有名な
 立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かばいま帰り来む
の歌を残し烏帽子・狩衣をかたわらの松の木に掛け、姉妹たちへの形見とした。二人の姉妹はたいそう悲しんで庵を建て観世音菩薩を信仰し、行平の無事を祈っていたが、後、多井畑へ帰りわびしく世を去った。
観音堂
衣掛松

 在原行平は業平の兄。能『松風』ゆかりの地ですが、行平が須磨に流罪にあったという事実は確認できませんし、「立ち別れ…」の和歌は、行平が因幡守を拝命し任国に赴任した際の和歌というのが定説です。しかし、傍らの衣掛松と「待つ」、そして松風の"松"が重なり合って、言葉のとても綺麗な曲だと思います。

 敷地内には松風・村雨の姉妹が建立したという観音堂と「先代の衣掛松の切り株」といったものがあります。今の衣掛松は三代目だそうで。高砂市にある相生の松も数代目だった覚えがありますが…こういう松の代がわりってどうやって決めてるのか、とちょっと疑問に思います(笑)

松風村雨堂

 敷地前の道には松が植えられていて、良い感じ。「松風」にちなんだわけではなくて、国道2号線から須磨離宮に向かう途中の道だからだとは思いますが…。

村雨堂バス停

 最寄のバス停は松風村雨堂を略して「村雨堂」。能の曲名では忘れられた妹がリベンジしてます(笑)

funabenkei | 行ってきました | 09:54 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH