<< 浄瑠璃の笑い方と桂米朝さん | top | 能『杜若』の魅力 >>

『花よりも花の如く』4巻、『恋重荷』

4592174445花よりも花の如く(4)
成田美名子
白泉社 2006-04-05

by G-Tools

 さて成田美名子さんの能楽師コミック『花よりも花の如く』の最新刊をやっと読むことができました。宅配便の配達員さんとのすれ違いは実に3回。4度目にして、やっと手に入りました。ハンコ押した時に、えらくホッとされた顔をしてはった気がするのは、私の思いこみでしょうか?(笑)

 落語の『淀五郎』は「由良之助ぇ、待ちかねたぁ! ホンマに待ちかねた三日目でございます」(先代三代目林家染丸さんのCDによる)という言葉で終わりますが、私は4度目(笑) 最初の配達から1週間ほど経ってましたから、淀五郎以上に待ちかねてました(←すっかり落語好き)

 能楽師を主人公にしながらも、彼らの日々の様子を描きながら(もちろん能楽師ですから能から離れるわけはないのです)、でも狭いものに捕われず、普遍的な問題を描いてらっしゃるんですよね。

 特に左右先生(←もうそう呼んでしまう)の『恋重荷』には、マンガなのに、良い能を見た時に感じる不思議な感覚を感じてしまいました。

 私、『恋重荷』って好きなんです。他に『通小町』や『錦木』といったような、男の執念を描いた曲って好き。どの曲でも最後には許したり、成仏したりしますけれど、どの曲にも鬼の類になった男が女性に恨みを見せるって箇所があります。私がこれらの曲を好きなのは、その女性に恨みを見せる男を自分に置き変えて、胸をすっとさせるといったような、そんな"昏い楽しみ方"をしている部分が多分にあるんですよね。

 でも、楽の言葉に「シテにとっては、ストーカーでも本当の守り神でも同じ愛情表現だけど、ツレにとっては大きく違いますよね。女御のことを考えてあげたのかなと…」とあったのが印象的。好きは好きでも、自分勝手な思いでは通じるわけがないんですよね。それは自分の理想を相手に押し付けているだけなのですから。

 左右先生が仰る(←思わず敬語を使ってしまう)「応えられるはずのない思いをうちあけたシテもシテだと思うんだがな」という言葉が効いてきました。私など必死になればなるほど、自分しか見えなくなるタイプので、ちょっとハッとさせられたのです。

 ところで『花よりも〜』に登場するシテ方集団・創風会はどうやら観世流のようです(まあ、銕仙会に取材してますしね)。残念ながら観世流にはないのですが、宝生・金剛・喜多各流には『恋重荷』によく似た能として『綾鼓』という曲があります。

 私は三島由紀夫原作の「近代能楽集」で見たことがあるのみで、能では見たことがありませんが、あらすじでいうと『恋重荷』とほぼ同じ。キーアイテムが重荷ではなく、鳴らない綾の鼓であることと、そして老人の亡霊が最後まで女御を許さずに終わるという点が大きく異なります。『恋重荷』は世阿弥作の能ですが、世阿弥の著書『三道』に『綾鼓』とほぼ同じ『綾の太鼓』という曲について書かれているので、『恋重荷』は世阿弥が『綾の太鼓』を改作したものだとも言われています。

 そんなわけで『恋重荷』と『綾鼓』のどちらが優れているか、といった議論もあります。正直、『花よりも〜』でも「よく許しますよね、このシテは!」というセリフがあるように、『恋重荷』の結末は不自然だ、だから劣っているということを仰る人もいます(私が読んだものでは杉本苑子『能の女たち』など)が、私はこのマンガを読んで、『恋重荷』にはいろいろな解釈を可能にする深みを感じました。

 まあ、『綾鼓』の能を見たことがないので、決め付けることは避けます。ついでにいうと、能って作品自体の良し悪し以外に演者の力量にも左右されますしねぇ(笑)


 ところで作中の『恋重荷』の終演後、感動して入門宣言をする直角くん。良いですね、このセリフ。私が言いたい(笑) 同時にナイスキャラな彼が少し羨ましい。私ってこういう勢いがないです。好きなことややりたいことがあっても、変に遠慮して、結局何もできないタイプです。

 先日、国立文楽劇場に行った際、資料室で伝統芸能の本に囲まれて幸せを感じながらも、ふと今の自分に対して「自分が望む方向へ進む努力をしていないんじゃないか」と感じて落ち込んでもいましたので。少なくとも、今の結果に至るまでに最大限の努力をしたのか、と自問しても全然肯定できない。

 『花よりも花の如く』4巻を読み終えた時、やっぱりもっと能や狂言がやりたい…と思いなんだか切ない気分になりました。そのためには何をするべきか。具体的な行動を考えていかなければ、また後悔しますね。よし決めた。

■関連記事
みゆみゆの徒然日記:『花よりも花の如く(4)』
のぅライン:花よりも花の如く/実家能公演計画?
みみずく山房:花よりも花の如く
くりおね あくえりあむ:COMIC 「花よりも花の如く」第四巻 成田美名子

TBPeople 能・狂言
funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 23:37 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH