<< 社会人になった | top | 『佐渡狐』『隅田川』 >>

大鼓の稽古 社会人編

 休み一日目。今日は大鼓の稽古。少し気持ちとして遠ざかっていた能に一気に引き戻された日となりました。なにせ研修中は精一杯で、練習をする余裕はなかったですから、今日は朝から暇さえ見つけては、大鼓の手附を見て謡を謡いながら手を覚えていました。

 お稽古場に入り挨拶をすると、師匠が私の就職を祝ってくださり、また熱いアドバイスを賜りました。稽古の実感として、不思議ですが、本当に自分の性格が良くも悪くも顕れるように思います。稽古を通じて私のことをよくご存知の、師匠のお言葉は非常に嬉しかったです。賜った言葉に込められた思いを裏切らないようにも頑張らねば、と。

 今日お稽古していただいたのは『天鼓-盤渉』。「盤渉」というのは笛の調子(音階)を表す言葉で、「楽」と呼ばれる舞部分が普段よりも高い調子で吹かれます。高い調子になると全体的にテンポがより良くなりますが、ただテンポアップするだけではなく、逆にグッと締まる部分もできて、つまりは緩急がより強くなるのですね。

 テンポアップということで、掛け声を普段より高めに、強く掛けることを心がけましたが結果は…どうも叫んでいた感じで、掛け声が後の方に伸びてしまい、どうも締りの悪い盤渉楽になってしまいました(苦笑)

 たった「ヤ」「ハ」「ヨーイ」「イヤー」の4種類しかない掛け声。しかし、こんな奥の深いものもなかなかないような気がします…。やっぱり大鼓の稽古は難しい。だからこそ、やりがいも楽しさもあるんですけれどね。

 次の稽古曲は『忠度』。薩摩守忠度といえば、右手を斬り落とされても、左手で敵の武者を投げ飛ばしたという平家一の剛の者。しかし、彼の無念は和歌にこそあった…という大好きな曲。

 謡を読んだり聞いたりするたび、彼の和歌「行き暮れて木の下蔭を宿とせば。花や今宵の主ならまし」に対応して、最後に「木陰を旅の宿とせば。花こそ主なりけれ」と結んだ作者・世阿弥のセンスの良さに感動してしまいます。それをまさか打つことができるだなんて! 頑張るぞぉっと。

funabenkei | 大鼓の稽古 | 23:37 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH