<< 能楽大成の機縁 新熊野神社 | top | 六道珍皇寺 六道の辻 >>

雛まつりとお人形

京都国立博物館

住所:京都市東山区茶屋町527

 新熊野神社から少し北に向かうと京都国立博物館があります。現在は特別展は催されていないのですが、平常展の中でいくつか特集陳列が行われていました。とりあえず名前だけ挙げると「神像と獅子・狛犬」「雛まつりとお人形」「修理完成記念 妙顕寺の文書」。

 どれも面白そうですが、中でも雛人形が好きなので「雛まつりとお人形」の展示が気になります。しかし他に京都で見て回りたい場所もありますし、高い金を払ってまで入場する気もないなぁ…と考えていると目に入った入館料表示「学生130円」 即、入りました(笑) 京都国立博物館の平常入館料って安いんですね。知りませんでした。

雛まつりとお人形

 展示は時代を追って、雛人形の変遷を知ることのできるものとなっていました。3月3日に人形を飾る風習にはいくつかの起源があるそうですが、そのひとつが形代(かたしろ)として「穢れ」を人形に移して川や海に流す「祓い」の行事です。穢れを移す人形の役割から、飾ることが目的の人形へと変化し、雛人形は豪華に発展して行きます。

 人形の格好としても、初めは男雛は烏帽子に袴・女雛も小袖と庶民的だったものが、男雛は冠に太刀を佩き、女雛は十二単を着るという公家の装束に変化していきます。ただし、必ずしも公家の装束に忠実なのではなく、時代によってはより豪華さを狙って、能の天女に使うような天冠を被っているものもありました。

 その一方で「有職雛」という公家の監修の元に、実際の公家装束を忠実に再現した雛人形もあります。ちょうど上の写真に撮った、チラシに載っている雛がそれです。女雛の髪が垂れているのが珍しいと思うのですが、江戸時代の公家女性の実際の姿なんですね。

 「有職雛」のバリエーションとして、「小直衣雛」というものもありました。小直衣は男子の略服ですから男雛が少し寛いだ格好をしているわけです。それに合わせて女雛も小袖をゆったり着た姿になっていて、心なしか表情まで寛いでいるようにも見えます。

 あと意外だったのが、本式の雛人形の象徴のように思っていた「七段飾り」は江戸(東京)の風習で、上方(関西)では本来「御殿飾り」、つまり内裏雛が住む御殿を最上段に置くものが一般的だったのを知ったこと。段はせいぜい2〜3段だったといいます。代わりに御殿が豪華なんですよね。御殿雛の存在は前から知っていたのですが、上方の風習だったことは今回初めて知りました。現在で御殿雛は博物館などで見る以外はほぼ全滅してしまったのが残念です。

 それから「おくどさん」と呼ぶ台所や調理道具が雛飾りに含まれているのも上方の風習なんだそうです。江戸時代の本に、女子に家事を習わせるためと書いてあるそうで、実質的だと言われている上方の教育方針が雛飾りにも反映しているのですね。

 また前に五人囃子は能の音楽、と書きましたが、古い雛人形には笙や羯鼓といった雅楽の楽器を演奏しているものも多いです。お内裏様とお雛様が天皇と皇后の姿を模しているわけですから、本来は雅楽の方がふさわしいですよね。後、能楽囃子に取って代わられるのは、能の方がメジャーになったからでしょうか?

 三人官女・五人囃子といいますが、この数が落ち着くのも最近になってのことで、官女が五人・囃子が雅楽で七人、さらに『青海波』や『胡蝶』といった舞楽人形まで付いた豪華版も展示されており、見た目に華やかでした。また変わったところでは、女性による五人囃子などもありましたね。

 うーん、雛人形だけでもいろいろと奥が深いですね〜。

 雛人形以外の人形もいくつか展示されており、その中には能を題材にした人形もありました。鈴を持って『三番三』、「獅子口」の面をつけて『石橋』、靴と唐冠を被って『張良』などなど。御所人形のような幼児姿の人形がそういった格好をしているものですから、あどけない表情が可愛らしかったです。

 また「衣装人形」という人形には、シテ・ツレ・ワキ・ワキツレ・囃子・地謡と揃って能『高砂』の一場面をそのまま写した人形などもあり、能好きな私にたまりません。130円の料金に対して500%ぐらい楽しめた展示でした。

特別陳列「雛まつりとお人形」
期間:2月18日(土)〜4月2日(日)9時半〜17時
場所:京都国立博物館 平常展示館17室
料金:大人420円、大学・高校生:130円、中学生以下無料
休館日:月曜

 ところで、京都国立博物館の次の特別展の予定は「大絵巻展」。国宝『源氏物語絵巻』や『鳥獣戯画』、『信貴山縁起絵巻』『病草子』などなど、超有名な絵巻物を実際に見ることができるそうです。うわー楽しみ。絶対逃さずに行きたいものです〜!

funabenkei | 博物館・美術館 | 23:20 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH