<< 京都を歩く…交通費を浮かせるため | top | 雛まつりとお人形 >>

能楽大成の機縁 新熊野神社

新熊野神社

住所:京都市東山区今熊野椥ノ森町42

 新熊野と書いて「いまくまの」と読みます。和歌山の熊野を深く信仰した後白河上皇が永暦元年(1160)に、自らの御所(法住寺殿)の領域内に熊野権現を勧請したのが始まりだと言われています。応仁の乱で荒廃しますが江戸時代になって再建。現在に至ります。

 あまり大きくない神社ですが、永和元年(1375、もしくは前年)にこの神社の境内で、観阿弥が催した猿楽能を、室町幕府三代将軍・足利義満が見物。当時12歳の世阿弥の可憐さに惚れ込んだ義満は、以降絶大な庇護を観世父子に与えるようになります。後、成長した世阿弥によって能楽が大成されるわけですから、この新熊野神社は能楽大成のきっかけとなった場です。

能の碑

 境内には「能」の一文字を彫った碑もあります。世阿弥自筆の著書『花鏡』から取ったものだそうです。以下、碑文を引用します。ちょっと旧字体も混じってますが。

 王朝の昔から神事や後宴の法楽に演ぜられた猿楽は大和結崎座の大夫観阿弥とその子世阿弥によって今日傳統藝術として親しまれる能にまで仕上げられた その端緒となった時は今から六百余年前の應安七年場所はここ今熊野の社頭であった
 古く八百二十年前 永暦元年後白河上皇が御願をもって紀伊熊野の森嚴なたたずまいを移されたこの地で猿楽能を見物した青年将軍足利義満は當時十二歳の世阿弥の舞容に感銘した そして世阿弥を通して能の大成を後援しついに幕府の式楽として採用したのである
 現代の能の隆盛につけてもその日のあでやかな世阿弥の風姿を知る老樟の下に往時を追懐し今熊野猿楽の復興を志す人々が一碑を建立してこの史実を記念することになった ここに請われるまた碑銘の文字を世阿弥自筆本花鏡のなかから撰ぶとともにその由來を録して社頭の繁榮と能の發展を併せ祈願するしだいである

 昭和五十五年庚申十月十六日 文學博士 林屋辰三郎

 境内には大きな樟の木が生えていて、新熊野神社のシンボルになっているのですが(一番上の写真参照)、この木は後白河上皇自らが植えた木とされており、なんとも立派な木です。もし、近くを通りかかることがありましたら、一見の価値有りです。

■関連記事
古都の香り:新熊野神社本殿(東山区)

funabenkei | 行ってきました | 23:19 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH