<< 微妙に特売品 | top | 能と歌舞伎による『船弁慶』『石橋』 >>

吉野太夫の演能〜『観世』の連載より

 「江戸時代能楽繁盛記」は、去年(平成17年)の8月号から月刊『観世』において、大阪学院大学の宮本圭造助教授(日本芸能史)が連載されている記事です。猿楽(能楽)が武家式楽として位置付けられた江戸時代。しかし、実は能や狂言は武家に専有されたわけではなく、町人たちにも親しまれていたことを紹介する連載です。

 三井高房の『町人考見聞』には「惣体町人の子ども、能芸をこのみ習ふもの、他人のあいさつに譽まゝ、能囃子につれ行、遊芸を致させ候」とあるそうで、「町人の子供達が猫も杓子も能の稽古に夢中になっていた様子を記す。『お上手ですねー』と他人様がお世辞で誉めるのを真に受けて、町人の子供連中があちらこちらの囃子の会に出かけ、ますます遊芸の道にのめり込むのであった」と書かれています。

 最初の数回は京都の豪商たちの能三昧列伝で、これも面白いですが、私が特に興味を覚えたのは連載6回目(『観世』2006年1月号)に登場した、井原西鶴が『好色一代女』に「なき跡まで名を残せし太夫、前代未聞の遊女也」と絶賛したという吉野太夫が四条河原で能を演じた話。一目見ようと、男たちが詰め掛けたそうです。

 『わらひ草のさうし』という男の恋文の形式をとった小説には、吉野太夫の演能に関して「とりわけ忘れめや三番目の葛城に二人静」、シテをつとめた吉野太夫の姿を一目見てより「目もくれ、心も消え消えと成」って、片時の間も「おん面影身を離れず」明けても暮れても片想いの涙にむせぶ毎日を送った…とあるそうです。

 『わらひ草のさうし』は吉野太夫の演能にヒントを得たフィクションですが、吉野太夫の演能の時には実際に、お忍びで見物に来ていた織田常真(信長の次男・信雄)と織田有楽斎(信長の末弟・長益)の家来衆の間に大喧嘩が起こったそうです。観客席で興奮が頂点に達しての大騒ぎで、死者まで出ます。これを受けて幕府から「女能堅く御法度」女能禁止の御触れが出されることになります。

 吉野太夫の演能がいつだったのかははっきりしませんが、彼女が傾城の最高位である太夫になったのが元和5年(1619)で、家来衆が暴走した織田有楽斎の没年が元和7年(1921)ですから、その間ということになります。

 吉野太夫の年齢でいうと14歳〜16歳。宮本助教授は「絶世の美女」と書いてらっしゃいますが、むしろ「美少女」ちゃうん…?(急に関西弁) 当時は数え年ですから、満年齢に直すには1歳か2歳引かなきゃダメです。吉野太夫の誕生日は3月3日で、演能は如月=2月だったそうですから誕生日前。すると下限の元和7年と考えても、吉野太夫は満14歳。14歳の少女の演能にそこまで興奮するか男たちよ!と思うんですが、記録が残っているんだから仕方ない。

 ところで、やっぱ美少女の演能ですから、能面はかけずに演じたのではないかな、と思うんですが、どうなんでしょう? せっかくの顔を面の下に隠してしまうと、それ目当てに集まったファンたちがよけいに暴れ狂うんではないだろうか、と想像しています(笑)

 江戸前期には遊女能が盛んに行われたそうで、連載5回目(『観世』平成17年12月号)に紹介されていますが、「目に付くのが、〈羅生門〉〈錦戸〉〈烏帽子折〉〈熊坂〉〈紅葉狩〉〈刀〉〈鐘引〉〈降魔〉など、切り組みや立ち働きを主眼とする現在能の類が多く演じられていることだ。…女武道もどきの演技に遊女能の見せ場があったことは確かである。絶世の美女が激しく太刀を振りかざす姿。そこに観客が拍手喝采をおくったのであろう」とあって、その風景を想像すると楽しいです。

 現在、もっとも新しい『観世』平成18年2月号では、吉原の大黒屋庄六が鷺伝右衛門(狂言方鷺流分家)の弟子となって、厚板・大口・熨斗目など豪華な装束を誂え、狂言尽しの会を盛大に催したところ、幕府から咎められ所持の能道具没収・居所追放の処分を受けた話など、江戸吉原での能や狂言の流行が紹介されています。

 これからも楽しい連載が続いていくといいですね。

TBPeople 能・狂言
funabenkei | 能・狂言一般 | 23:50 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH