<< 悩んでいても明日が来てしまうなら | top | 青龍@菊屋 >>

復曲能『巴園』WS参加者発表会

『巴園』参加者発表会

 復曲能『巴園』のWS参加者発表会、終了しました。寒い中、素人の舞台なのに多くの人たちに見に来ていただけて、ありがたいです。私の知り合いも何人か来て下さりました。終了後、急いで着替えて大槻能楽堂の入り口前に掛け出て来て、挨拶させていただきましたが、本当に嬉しい。

 写真でチラシの上に置いているのは、楽屋見舞にいただいた福豆です。…そういや、今日は節分だったなぁ(笑) 後輩からも「節分ということで。笑いながら食べてください」と楽屋見舞を渡されましたが…本当に開けたら思わずニヤッと笑える楽しいものでした。写真は最後に。

 その他にも、不意に先輩から「今日本番か。しっかりな」と短いメールが来て随分心強かったですし、大鼓の師匠にも激励いただきました。テンションがぐっと上がります。家に帰れば、お会いできなかった方からも「舞台見ました」とメールが届いています。人との繋がりって暖かくて嬉しいものですよね、本当に。

 舞台の感想としてはテンションが上がりすぎたのか、とにかく疲れました…。いや、私の出番は一瞬ですが、待ち時間にずーっと緊張しっぱなしで(汗) 装束を着ても面を掛ける前なら、チラリと舞台を覗いたりと落ち着いていられましたけれど、面もかなり早めに掛けますしたらーっ

 間狂言の方が役を終えた後、あまりの私の緊張を見兼ねたのか、そっと「お腹空きません?」と声を掛けて下さり、ちょっと笑いながら「大丈夫です」と答えて随分リラックスできました。大感謝。

 そうそう、間狂言の装束付けを隣で見ていましたが、やはり基本的に能と同じなんですねぇ。胴着の上に付け襟をして着付を着、狂言袴をはく。狂言袴は柄が特殊ですが、形としては普通の袴にかなり近い感じ。上に水衣を羽織って帽子をかぶり、面は善竹隆平師にお聞きしたところ「登髭」だとか。顔の横に付いている髭が上を向いていることが名前の由来だそうで、『賀茂』や『紅葉狩』『石橋』などのアイに使う、ほぼ間狂言専門の面なんだそうです。

 あと二人の子方の装束も初めて見ましたが…とても可愛い! 頭にかぶっているのは唐帽子として、体に着ている装束は見た覚えがないなと思って、後でお聞きしたら茂山千五郎家の『唐相撲』の装束をお借りしたのだそうです。茂山千之丞師『狂言役者-ひねくれ半代記』に載っている「カルサン」という装束でしょうか。茂山千作師・千之丞師兄弟のお母様が一着一着縫われたものだとか…。

 話を自分のことに戻しますと、舞台自体は一瞬で終わって分からなかったというのが正直なところです。とにかく懸命に舞うことはできたかな? 通し稽古や申し合わせで、大槻文蔵先生に何度も繰り返して「それじゃ舞台から落ちるよ」と言わせるような、周囲に心配をかける動きをしていましたが、とりあえず最後まで落ちずに済んで良かった(笑)

 舞台の後は、能楽堂内の食堂で軽く打ち上げ。太鼓の中田弘美師は「よく動けていた」と仰ってくださったので、及第点は取れたかな?と。ずっと稽古を付けてくださった上田拓司師や、急遽前ツレの代役になり後場の間は楽屋で世話をして下さった前田和子先生、何かといろいろお世話になった多久島法子さんなどとお話している間に、短い時間は終わってしまいました。

 それにしてもお気の毒なのが前ツレの方。懸命に稽古を積まれてきたのに、直前になって当日出演できなくなり、前田和子先生による代役となりました。前田先生が仰るには「申し合わせの前日に、突然電話が掛かってきてね」…ということは練習期間2日? しかし、(同時に当然なんですが)私たちより上手に演じられる。普段からの積み重ねがあるとはいえ、プロの凄さを見せ付けられました。

 打ち上げ終了後「二次会!」という話もあったのですが、家も遠いですし疲れていたので、残念ながら帰らせていただきました。帰り道、前シテ・後シテの方々と話しながら歩いていたら、途中でワキ・ワキツレの方々とも合流して立方集団になりました(笑)

 能楽WSの最後のプログラムは明後日の大槻能楽堂研究公演『巴園』。プロによる公演。先生方に話をお聞きしたところ、素人バージョンとはいろいろ演出が違うそうです。それは素人バージョンは途中から演出の変更などを停止して、稽古を深くすることに重点を置くようになったため。プロの公演では、より工夫に工夫を重ねられた『巴園』になるかと思うと期待が膨らみます。

 それから私、実は客観的に『巴園』を見たことはないんですよね(笑) 見たことがあるのは、自分の出演する最後の一瞬だけ。それも必死で舞っているので、周りを見る余裕なんてない。作り物に関しても、申し合わせが終わったときにやっと「こんなのだったんだ」と思ったぐらいでした。初めて客観的に見る『巴園』。上田拓司師の演技で見ることができるのが楽しみです。


 下は後輩からの楽屋見舞です。お多福と豆を象っているのかな? しかし、おたふくの顔が歪み過ぎ…。お多福の文字通り「笑門来福」とばかりに笑いながら食べました。後輩たちよ、ナイス!ラッキー

外鬼内福

■関連記事
自ら演じる楽しみ…能楽WS
能楽WS…装束を付けて
悩んでいても明日が来てしまうなら
青龍@菊屋
大槻能楽堂研究公演『巴園』
復曲能『巴園』DVD&写真

TBPeople 能・狂言
funabenkei | 能・狂言ワークショップ | 23:45 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH