<< 新春を寿ぐ『翁』と狂言の会 | top | 大震災から11年 >>

男たちの大和/YAMATO

男たちの大和

 大学の先輩に強く勧められて見てきた映画です。でも、勧められる前から何か強く惹かれるものがあったんですよね。そしてその予感は外れませんでした。

『男たちの大和/YAMATO』あらすじ
 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。彼らを待ち受ける厳しい訓練の日々。上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される…。

 見て、とりあえず言えることは「とても良かった」ということ。最近涙腺が緩いのもあるのですが、ずっと涙を堪えられずに見てました。最後に思わず涙する、というのとは違うんです。視点を下士官や少年兵においたことで、彼らが死地へ向かいながらも、純粋に、自らの国を、そこに住む母親・幼馴染・妻・子どもといった人たちを守るために、必死に生きる姿を描いていたからでしょう。

 彼らが報われたかというと全く報われていない。詳しく書くとネタバレになるので控えますが、彼らの絶望的な奮戦も空しく戦艦大和はロクに活躍もせず海に沈みます。沈む直前には米軍の攻撃を受けて、次々に海兵たちが血まみれになって斃れていきます。どんどん人が死んでいく。そして敗戦。なんとか生き延び帰還した兵士たちを迎えた厳しい現実…。

 しかし、彼らの懸命な生き様は、現代の日本を生きている私に強く訴え掛けて来ます。「平和」だとか「生きる意味」だとか「誇り」だとか、そういうものを考えさせられました。「死んではならん」というセリフが胸に突き刺さる。自分が今をどれだけいい加減に生きているか、反省したい気持ちです。

 前に祖母に昔の話を聞いて、感想として自分はいい加減に生きているといったことを言ったら、当時は懸命に生きねば生きられない時代だったんだ、時代が違うんだ、と言ってくれましたけれど、いや決してそうではないんです。今はいい加減でも生きられるんですよね。それだけ平和なんでしょうけれど…でも、たった60年前には、日本にもこんな時代があった。そして今も戦争が続いている国もあるんですから。

 映画は映画。割と綺麗に作られているとは思いますし、作られたものである以上、現実と繋げて考えるのは良くないとは思うんですが…それでも、見終わってから今までずっと興奮が醒めません。エンドロールになっても、最後まで席を立つ人はほとんどいませんでした。そういや、映画館の平均年齢も若干高めだったですね。


 ところで、ほぼ主役の内田役・中村獅堂さん良かったなぁ…。前に歌舞伎を見たときはあんまりだったんですが…映画俳優としての方が良いのでしょうか?たらーっ 反町隆史さんはずっと料理してたって感じ(笑) カッコよかったですけどね。

funabenkei | 映画・ビデオ・テレビなど | 23:49 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH