<< 桂吉朝さん… | top | まんじゅうのこの顔は! >>

絵本語りでつづる能の世界

映像と囃子と絵本語りでつづる能の世界

 昨日行ってきた、片山清司師が数年前から製作されている能の絵本の会です。招待券を2枚いただいたので、中学校以来の友人(現在、京都在住)を誘いました。彼は能はほとんど見たことがないですが、妖怪などが大好きな男ですから、『大会』について「天狗の話やで〜」とエサにして(笑)

映像と囃子と絵本語りでつづる能の世界
◆11月9日(水)19時〜 於・京都観世会館

★絵本語り『大会』
 語り=片山清司・野村万蔵
 笛=藤田六郎兵衛 小鼓=吉阪一郎 大鼓=河村大 太鼓=前川光範

★観世流仕舞『海士』片山清司
★観世流仕舞『天鼓』片山清司

★絵本語り『項羽』
 語り=片山清司・野村万蔵
 笛=藤田六郎兵衛 小鼓=吉阪一郎 大鼓=山本哲也 太鼓=前川光範

 舞台の笛柱の前にスクリーン、ここに絵本の絵が投影されます。この絵がまたステキなんです。ワキ座に語りのお二人の席。橋掛りの一の松周辺に見台が置かれていて、そこが囃子方の座でした。能舞台に元々付いているライトのほかにいくつか照明が付け加えてあるようで、照明効果もふんだんに使われていました。

 能が始まる前のようにお調べがあって、半幕で囃子方登場。橋掛りに座って名乗リ笛が鳴ると、切戸から作務衣?姿の片山清司師が登場して、ワキ正面辺りでお経を唱える。どうやらワキのお坊さんの役のようです。その間に闇の中を静かに野村万蔵師がすっと座に着かれて始まり。

 囃子を効果音楽として、上手く利用なさっていました。能の囃子がそのまま使われているところもありましたし、武道の達人が気合を入れる様を大鼓の「エイ、ヤーッ」で表すような、今回工夫したらしいものもありました。

 『大会』は、ある天狗が命の恩人である老僧に恩返しをしようと、僧が願う霊鷲山での釈迦の説法(大会)の様子を見せるものの、僧が思わずそれを拝んでしまったがために、僧を誑かしたとして天から下った帝釈天に散々に懲らしめられてしまうという能。愛すべき存在としての天狗。確かに絵本向きなストーリーですね。

 前半はほとんど語りだけで展開しましたが、天狗が仲間を読んで仏に化けるところや、釈迦の説法の妙なる音楽が聞こえるところは謡が謡われ、また帝釈天が現れて天狗が懲らしめられるところは野村万蔵師が舞の演技で表現。

 いやー野村万蔵師は初めて拝見するのですが、激しい動きの中にも、しっかり腰が安定していて、基本が確かに備わっている感じが実に私好みでした。これは誘った友人も感じたらしく、終わった後も「万蔵さんが良かった」としきりに繰り返してました。

 途中に仕舞と休憩を挟んで、後半は『項羽』。パンフレットに「上演頻度も低く人気が高いとはいえない」とあるように、私は能として見たことありません。中国の秦から漢に移る狭間の時代の英雄・項羽の、妻・虞美人との情愛、そして滅びていく様を描いた能ですが…行動が男前過ぎ。カッコ良いぞ、項羽! なぜこの曲があまり演じられないのでしょうか。話は良くても能としての出来が悪いのかな、などと想像はできますが…これは実際に能『項羽』を見てみないことには何とも言えませんね。

 あと『大会』はポイントのみ謡や舞が使われていたのに対して、『項羽』は最初、音取置鼓の囃子で幕から登場、片山清司師と野村万蔵師が向かい合ってサシ込ミ開キしてから次第を謡うとか、項羽と虞美人と別れのシーンを舞で描いたりと、全体的に能様式の表現がより濃かったです。

 とにかくよく出来た催しで、私はまんまと『大会』と『項羽』の能が見たくなってしまいました(笑) 連れて行った友人も満足したようで、良かったです。

 演劇や映画を見るときに、見たいと思うきっかけのひとつとして、原作を知っていて好きだから、というのがありますよね。

 能だって演劇ですから、以前の日本人なら多くの人が知っていた、例えば『源氏物語』や『平家物語』といった話を元に作られているわけです。『項羽』に関しても、能としてはマイナーかもしれませんが、よく高校の漢文の授業で読まされる『史記』の「虞や虞や汝いかんせん」という有名な詩のエピソードを舞台化したものです。

 しかし私も含めて、今の日本人にはこういった「昔話」もマイナーになりつつあるんですよね。それを「絵本」という形で、小さな子どもにも読み聞かせられるものとして再び作ろうとされている片山清司師の活動は、地味なようでいて、実は大切なことなのかもしれませんね。

 もちろん、単に子ども向けであるだけではなくて、私も十分楽しませていただけましたし(これ大切だと思います)。また、機会があれば「絵本語り」の会を聞きに行きたいものです。

 とりあえず、以下に片山清司師による「能の絵本」を並べておきます。

4900455733海女の珠とり―海士
片山清司 岡村桂三郎
by G-Tools
4900455741天狗の恩がえし―大会
片山清司 小田切恵子
by G-Tools
490045575X青葉の笛―敦盛
片山清司 大橋彰
by G-Tools
4776401266天からふってきた鼓―天鼓
片山清司 小田切恵子
by G-Tools
4776401274大王の赤い花―項羽
片山清司 白石皓大
by G-Tools
TBPeople 能・狂言

■関連記事
蝉丸日記:師匠稽古+絵本語りでつづる能の世界

funabenkei | 能・狂言鑑賞記録 | 23:45 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH