<< 社中会こぼれ話 | top | コンビニで… >>

能楽WS 5日目

 『舞台芸術ワークショップ・大阪2005 能楽』の5回目です。4回目のことを書く前に、5回目が来てしまった(汗) 天野文雄教授(阪大)の講義が「廃曲・復曲について」、赤松禎英師(シテ方観世流)の実技が「謡稽古3、仕舞稽古1」でした。

 天野教授の講義は、教授も関わった大槻文蔵師の周辺で行われた復曲(『維盛』『泰山木』『菅丞相』etc.)の紹介でしたが…サブタイトルとして設けられた「意義と課題」は今ひとつ分からなかったです。珍しい復曲能の映像を、一部ずつですが見ることができたのは面白かったですけれど。

 「新作能の上演よりも、復曲のほうがはるかに大きな可能性を秘めている」と仰ってましたけれど、そう仰る根拠がはっきりしない感じ。見る側の私にとっては復曲も新作も大して変わらず、物珍しさが一番目に付きますし、結局は舞台を見て面白いかどうか、だと思うのですけれどね。もちろん、学術研究の面からはいろいろあるのだろうとは思いますが…。

 赤松禎英師のお稽古は、謡がついにヨワ吟へ。しかも『猩々』の渡り拍子の箇所…これは難しい! 渡り拍子は、普通と違って基本的に途中の拍から謡い出す上に、太鼓が入るので拍は厳密です。赤松師も手で拍を取りながらご指導下さいます。単なる素謡なら、それほど拍にこだわる必要はないのですが、このワークショップは基本的に、復曲能『巴園』を素人で謡い演じることを目的にしているだけに「待ったなし」というわけですね。なかなか厳しいです。

 更に型の稽古に。今回は構えて舞台を一周するだけでしたが、久しぶりでブランクがあるとはいえ、腰と手が痛いのなんの…情けない(涙) でも、楽な姿勢にすると、すぐ指導助手の多久島法子さん(シテ方観世流)から「もっと前に体重をかけて下さい」と指導の声が飛んでくる(^^;) たったの舞台一周に汗が出るぐらいでした。自分なりに構えの練習をしておこう。少しはマシにしたいですから…(笑)

■関連記事
前代未聞の能楽ワークショップ
能楽WS 初日
能楽WS 2日目
能楽WS 3日目
日々是≪能≫三昧:いよいよ舞台で(写真が載ってます)
アートセラピーPeace Story:能楽ワークショップ 謡3回目&仕舞1回目

funabenkei | 能・狂言ワークショップ | 23:10 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH