<< 『葵上』枕之段 | top | 絵馬・鳴子遣子・千手 >>

申し合わせ

 能・狂言では、本番前に一度出演者が集まって合わせることを「申し合わせ」といいます。

 今日は私が初めて出演する、大鼓の社中会の申し合わせでした。いわゆる素人会で、基本的に私以外の出演者は全員プロという豪華な舞台です。…今回の私の場合、事情があって、小鼓を打つのも大学の後輩(当然素人)ですけれど。

 曲は『放下僧』。放下僧というのは中世の大道芸人のことで、その大道芸人に扮した兄弟が、親の仇を油断させ見事討ち取るというストーリーの曲です。私たちが打つのは、羯鼓を打ち、小唄を謡う大道芸部分。本来なら非常にテンポの良い部分…なんですが。

 …悔しいです。自分のダメダメ加減が見事に露呈されたような「口ほどにもない」結果になってしまったからです。何度も小鼓と自主的に合わせたりしていたのに…それでも、どこか舞台と曲を舐めていた部分があるように感じます。少し記憶があやしいなと思っていた部分、そこをしっかり打ち間違いましたし、普段のお稽古で指摘されていた掛け声の調子の悪さだけが発揮できていた、というような。

 それにしても、舞台上で横からぶつけられるシテ方の謡! そのパワーには改めて驚いてしまいました。本物の囃子方は、その謡とぶつかりあって何かを表現するのでしょうが…素人は「お相手をしていただく」ということを、本当に思い知りました。

 終了後に地頭を勤めてくださった先生が、丁寧に謡の抑揚などについて教えてくださいました…。気持ちが沈んでいただけに嬉しかったです。本番までの9日間で、もう少しマシなものに仕上げて参りますので、どうか宜しくお願いします!

 まずは明日も小鼓のヤツを呼び出して合わせるぞ〜!

funabenkei | 大鼓の稽古 | 23:59 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH