<< 「どら焼き」は関西では「三笠」 | top | 千五郎家の好きな/嫌いなところ >>

茂山千之丞師にサインを頂きました

茂山千之丞師サイン

 今日、大槻能楽堂で催されました「納涼茂山狂言祭2005」でお会いした茂山千之丞師にサインをいただきました〜。やった、やった!

 この公演は、一般から演目・演者のリクエストを募る「リクエスト狂言」なのですが、私が応募した茂山千之丞師『月見座頭』が、なんと採用されてしまったのです。採用特典はペア招待券&「楽屋訪問」!

 15分ほどでしたけれど、千之丞師から直接『月見座頭』に対する思いをお聞かせいただいて、とても価値ある時間となりました。

★狂言『月見座頭』
 旧暦八月十五夜の名月の夜、一人の座頭が月を見ることはできなくとも虫の音を楽しもうと言って、野辺に出かけます。すると月見に来た男と出会い、二人は歌を詠みあい、意気投合して酒宴となります。謡い舞って良い気分のまま別れますが、男は途中で立ち戻り、座頭に喧嘩をふっかけ引き倒してしまいます。座頭はさっきの人と違って情のない人もいるものだと言って、独り野辺で泣くのでした。

 千之丞師ご自身は理屈っぽい性格なので、こういう狂言は得意な方ではない、と仰りながらも、ジキルとハイドとまではいかないにしろ、人間誰もが持っている相反する二面性、善悪の両面をえぐり出した狂言なんだろう、座頭がシテとなっているけれど、実はアドの男の、二面性を写し出すための引き出し役に過ぎず、『月見座頭』で本当に揶揄されているのはアドの男なのだろうと。

 今回、千之丞師は私のリクエストによってシテですが、本当はアドが難しいとも仰っていました。もし千之丞師がアドを演じるなら、酒に酔った勢いで悪戯心が出た感じに演じたいそうで、台本には突き飛ばした後に「良い形(なり)の。良い形の」と得意げに言った後、「身供は知らぬぞ、知らぬぞ…」と幕に駆け込むのらしいですが、「良いなりの。良いなりの」は抜かして演じるかも、と仰っていました。

 台本通りに演じないという話から発展して、能や狂言というのは、繰り返し繰り返し上演されていく間に変化していくものだとも仰っていました。室町時代に演じられていた姿はどんなものだったのかは分からない。映像が残っている最も古いものは、祖父(二世茂山千作)のころのもの。だが、見ると今とは随分違う。師に教えられた通りに演じているのですが、自然と変わって行くのだそうです。

 それでも能や狂言、また歌舞伎といった伝統藝能は基本の「型」が成立している。例えば全員子どもが演じたとしても、それなりに面白い。それは、ここで三歩歩いてこう発声して…といった「型」があるからで、これが現代劇なら、子どもでは演じきれないものというのが分かるはずだ…なんて話を伺いました。

 少しこちら側が緊張してしまって、「千之丞師の講義を拝聴する」といった感じになってしまいましたが、楽しい時間でした。最後の時間に、用意して来た色紙にサインをおねだりさせていただいたのが、一番上の写真です。

 言葉は「藝」。千之丞師ほどの藝達者だからこそ、サマになるお言葉ですね(^^) 今日は本当に幸福な体験ができました。快くサインに応じてくださった茂山千之丞師、そして主催の(株)セクターエイティエイトに感謝です。

■関連記事
千五郎家の好きな/嫌いなところ(「納涼茂山狂言祭2005」の感想)

funabenkei | 能・狂言一般 | 20:14 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH