<< 早寝早起 | top | 関西ローカル >>

なんて素敵にジャパネスク(8)炎上編

4086114917なんて素敵にジャパネスク(8)炎上編
氷室 冴子
集英社 1990-12


by G-Tools
 「もっと早く、あなたと出会うべきでした。そうすれば、わたしにも違う方法があったかもしれない」─謎めいたセリフを残して、自らの敗北を認めた帥の宮。瑠璃姫の活躍で東宮位を簒奪しようとする陰謀は砕かれた。しかし、何かが違う、間違っている。なぜか瑠璃姫の心はすっきりしない…。いやな予感は的中し、陰謀に隠された衝撃の真相が!? 帥の宮編、完結。

 長かった帥の宮をもう裏の主役(表の主役はもちろん瑠璃姫)とするシリーズも完結です。もうここまで来るとノンストップで読んでしまいました。実は7巻を読んだ直後にはすぐ読んでしまったのですが、きちんとした文章にできなかったので、感想としてこのブログに載せるのが遅くなってしまいました(^^;)

 ストーリーに関して書いても、作者・氷室冴子さんの文章に勝るものはないでしょうから書きませんが、思えばこの帥の宮という人物、これまでその智略・行動力・判断力・冷酷さがこれでもかと描かれてきた一方で、不思議と全く野心家という印象はないのですよね。そう描かれていない。

 だから、今までずっと「一品の宮になる」「今まで捨て宮同然だったから、かえって地位に執着する」と説明されても、なんだか腑に落ちない。そして、この巻を読むとやっぱり!と。すんなりと心に入ってきます。もう吉野君編の時と同じぐらい、いやそれ以上に涙腺が緩みっぱなしでした。例によって列車内で読んでますから、ちょっと恥ずかしいのですけどね(汗)

 瑠璃姫はいつでも精一杯ですし煌姫もパワフルですが、クライマックスだけあって、大弐も由良姫も、そして最も儚げだった桐壺女御までもが、それぞれの大切な人のために体を張って活躍する姿がすごくて…。なんか今まですごかった帥の宮の立場も形無しというか。でも最後に活躍して締めるのは、高彬なんですよね(^^)

 …と、完全に雑感の世界ですね(^^;) ストーリーを書かないで、漠然とした私の感想だけを書いてるので、『ジャパネスク』を全部読んでる人以外には全然理解できない文章になってしまって申し訳ございません。

 でも、これで『ジャパネスク』も完結します。あとがきを読む限り、氷室冴子さんがアンコール編を書くつもりだったようですが、結局書かずじまいのようですね。

 基本的にコバルト文庫ですし少女向けで、しかも主人公の喋り口調の文章ですから、冗談やコメディ的な部分もたくさんありますけど

(細かい例は上げ切れませんが、1巻クライマックスの鷹男「私の顔を見忘れたか」のセリフなんて、馬に乗っての登場と言い、「暴れん坊将軍」以外の何者でもないと思うんですが(笑) ちなみに『ジャパネスク』1巻出版は1984年。「暴れん坊将軍」の放送開始は1978年)

1巻とアンコール編を除くと、全体としてはむしろシリアス。でも深刻に成り過ぎないのは1巻でしっかり世界観を作ってしまって、「明るい」という下地が出来ていて、それにちょくちょくと戻ることができるからなんだと思います。

 ラブ・コメディと書かれるように恋愛要素も、確かに無視はできないですけど、いわゆる「恋愛もの」で描かれる、男女の感情の機微だとかがしつこく描写されているわけではなくて、人間関係を描く上でそういうものもあるって感じではないでしょうか。なんせ、恋愛沙汰と陰謀で彩られる平安時代を舞台にした小説ですしね(笑) だいたい私はベタベタな恋愛ものって苦手ですが、普通に楽しんで読めたってことは恋愛ものじゃないんですよ、この小説。

 とにかく、面白かったです〜。ボリュームはありましたが、数年後にまた読み返してみたい小説です。そのときはまた抱く感想が違うんでしょうね。それがまた楽しみだったり。

■関連記事
なんて素敵にジャパネスク(1)
なんて素敵にジャパネスク(2)
ジャパネスク・アンコール!
続ジャパネスク・アンコール!
なんて素敵にジャパネスク(3)人妻編
なんて素敵にジャパネスク(4)不倫編
なんて素敵にジャパネスク(5)陰謀編
なんて素敵にジャパネスク(6)後宮編
なんて素敵にジャパネスク(7)逆襲編
なんて素敵にジャパネスク 人妻編(マンガ版)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 22:01 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH