<< 善竹兄弟狂言会 | top | 「きのくに仮面の世界」展 >>

ジャパネスク・アンコール!

ジャパネスク・アンコール!
氷室 冴子
集英社 1999-04


by G-Tools

 前々回、前回と書いたように、脱線事故の関係で気持ちが沈んでいたのですが、何人かの友人や知人からメールや電話が来て、助けられました。私自身が事故に巻き込まれたわけでもないのですから、いつまでも沈んでてもダメですね。

 というわけで、気分を切り替えます。

 私は実は机に向かって本を読むのは苦手なんです。長い通学の電車内で読むか、そうでなければ家でベッドに寝転んで(そのまま寝てしまうことも多い)、が私の読書。今日は電車で、ちょっと苦手な考古学論文を読む気で気合いを入れてたのですが…肝心の論文を家に置き去りに(^^;) 自分のドあほ。代わりに、なぜか鞄に入っていた『ジャパネスク・アンコール!』を読みました(笑)

 この『アンコール』と次の『続・アンコール』は、『なんて素敵にジャパネスク』の番外編ですが、ストーリー的に2巻と3巻の間の話で、しかも『続』の最後で瑠璃姫と高彬が結婚してしまうので、抜かすわけには行きません。2巻から続けて3巻へ読み進むと、吉野に行ってたはずの瑠璃姫がもう京に帰って来ていて、さらに高彬と結婚してて仰天、となりかねませんので、読むつもりの方はご注意を(笑)

 都を騒がせた謀叛未遂事件から数ヶ月。首謀者の僧が生きていて京で暗躍しているとの噂がひそかに流れた。吉野に籠もる許婚の瑠璃姫のためにも、疑惑を解明しようと、高彬はひとりで調査を始めるが…(「高彬のジャパネスク・ミステリー」)
 高彬の乳兄弟である守弥は、若君が「物の怪憑き」と評判の瑠璃姫と許婚の間柄であることが許せない。2人の間をどうにか引き裂くために、策略を廻らすのだが…(「ジャパネスク・スクランブル」)

 『なんて素敵にジャパネスク』小説版は主人公である瑠璃姫の一人称で展開して行くのですが、この『アンコール』では別の人物の視点になります。最初の「ミステリー」は高彬の視点、2編目の「スクランブル」では守弥。ストーリーも面白いですけれど、瑠璃姫視点では分からないことでも高彬や守弥の視点では分かるという点がいくつかあって、面白いですね。

 特に初めて高彬側から語られる瑠璃姫への想いは注目。子どものころ、池に落ちて風邪をひいた高彬のところに、瑠璃姫が真っ暗な夜道を怖いのにも関わらずやってきた話なんて、ステキじゃないですか。もっとも池に落ちたのも瑠璃姫のせいなんですけど(笑)

 高彬による推理の箇所はやっぱり小説版。論理的思考は文章の方があってますからね。マンガ版では帝の立場の辛さとか、やっぱりもうひとつよく分からなかった部分もあったので。

 次の「スクランブル」を読んでて気付いたのは、1巻の最初に「高彬は琵琶が上手」とありますが、その琵琶は守弥が教えたらしいこと。その守弥は父親から習ったようです。「ではね、守弥が字をお教えしますよ。字以外でも、守弥ができることなら、何でもします。琵琶は、どうですか。名手だった父の直伝で、琵琶にかけては名手だと自負しているのです」とありますから。

 しかし、守弥って態度がデカいなあ(笑) 特に小説版では守弥の一人称なのでますます。5歳の高彬が「ぼく、おしゅうじ、きらいなの。ばばやが、しかるの。もりやは、みっつで、じがスラスラよって」と言うと、独白ですけれど「しかし、三歳で字を書き、五歳で漢籍を読み、神童と呼ばれたわたしと比較するとは、少し酷であろう」って、その通りかもしれないけど、態度デカいよ。

 山内直美さんの『画集 なんて素敵にジャパネスク』(ちなみに、私が唯一持ってるマンガの画集)に収録された、1992年の『花とゆめ』4号に使われたというポスター絵を思い出しました。鷹男の帝と瑠璃姫がチェス?をしていて、高彬が瑠璃の肩越しに覗き込んでいる。そして、少し離れた柱に体を預けた守弥がエラそうに見下ろすようにしている…という絵。とにかく、守弥って態度がデカいんです。そういうキャラなんですね(笑)

 守弥自身も認めていますけれど、守弥にとって高彬は、「(守弥にとっての)理想的な公達として作り上げる存在」という部分が強いってことが良く分かりました。まるでゲーム『プリンセスメーカー』の、日本平安時代男性版を地でやってるみたい(笑)

 しかし守弥、最初は嫌味な二枚目なのに、煌姫と関わったあたりからどんどんと三枚目に転落し続けていくところが好き(笑)

■関連記事
なんて素敵にジャパネスク(1)
なんて素敵にジャパネスク(2)
続ジャパネスク・アンコール!
なんて素敵にジャパネスク(3)人妻編
なんて素敵にジャパネスク(4)不倫編
なんて素敵にジャパネスク(5)陰謀編
なんて素敵にジャパネスク(6)後宮編
なんて素敵にジャパネスク(7)逆襲編
なんて素敵にジャパネスク(8)炎上編
なんて素敵にジャパネスク 人妻編(マンガ版)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 20:38 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH