<< 大鼓の稽古『松虫』 | top | 初歌舞伎 >>

なんて素敵にジャパネスク(2)

なんて素敵にジャパネスク(2)
氷室 冴子
集英社 1999-04


by G-Tools

 さて、再び読み始めた『なんて素敵にジャパネスク』の第二巻。吉野君編とでもいうべき巻です。

 前右大臣による東宮廃位の陰謀は瑠璃姫と鷹男=東宮自身の活躍によって解決した。東宮は即位して帝となるが、浮気ぐせは相変わらずで、瑠璃姫のもとに熱心に手紙や使者を送ってくる。許婚である高彬は、帝に遠慮して全く頼りにならない。とうとう瑠璃姫は怒って、ゆかりの尼寺へ駆け込んで出家、という夜に突然、実家の三条邸が炎上! 瑠璃姫を恨む何者かの放火らしいが…。

 以後の細かいストーリーについては省きますが、吉野君が謀叛にいたる事情が語られる辺りからは、ずっと涙腺がゆるみっぱなし。通学の電車内で読んでるので少々恥ずかしかったですが、それぐらい心にじんと来ました。

 前巻では「有能」「東宮の信頼厚い」と繰り返されながらも、ほとんど活躍しなかった高彬も存分に活躍します。実は高彬が吉野君を斬るシーンは特に気に入ってます。なにせ、束帯・太刀・高彬と私の好きなものが揃ってますし(笑) 最後の一面銀世界の吉野のシーンもそうですが、マンガ版では文字のない見開きになっていて、私の大好きな箇所です。

 小説版だからこその描写の細かさは、この巻でも感じました。特に吉野君の冷徹な鬼っぷりは文字でこそ映える。そしてまた、「鬼」が吉野君と分かるとどうしても甘い瑠璃姫の心情の対比もまた文字の方が効果が出ていたように思います。

 それにしても、最後のシーンの高彬って、これ以上ないぐらい「いいヤツ」です。瑠璃姫が自分でも「そんなに優しくされると、他の男の人のこと考えているのが申し訳無くて、申し訳なくて、泣けてしまうじゃない」と言ってるように、吉野君との再会を願っていることを見抜きながら、それでも優しい高彬。よくあるパターンではこういう男は、恋の敗者になるものですけれどね(笑)

 ところで、あとがきに作者の氷室冴子さんが「今はお能がブームで(好きです)、薪能なども盛んですが」と書かれているのが、おおっ氷室さんも能楽ファンか!?と嬉しく思いました(笑) 「ジャパネスク観光編」ということで、西大寺・伏見稲荷・宇治・大原などモデルやモチーフになった土地のことを書いてらっしゃって、また行ってみたいなと感じました。

■関連記事
なんて素敵にジャパネスク(1)
ジャパネスク・アンコール!
続ジャパネスク・アンコール!
なんて素敵にジャパネスク(3)人妻編
なんて素敵にジャパネスク(4)不倫編
なんて素敵にジャパネスク(5)陰謀編
なんて素敵にジャパネスク(6)後宮編
なんて素敵にジャパネスク(7)逆襲編
なんて素敵にジャパネスク(8)炎上編
なんて素敵にジャパネスク 人妻編(マンガ版)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 23:44 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH