<< ホンマに雑感 | top | 大鼓の稽古『松虫』 >>

なんて素敵にジャパネスク(1)

なんて素敵にジャパネスク(1)
氷室 冴子
集英社 1999-04


by G-Tools

 平安時代ファンには有名すぎる小説です。

 時は平安。名門貴族の娘である瑠璃姫は幼い日々の初恋を胸に生涯独身を誓う16歳。しかし、世間体を気にする父親の策によって無理やり結婚させられそうなところを助けてくれた、幼なじみの高彬と婚約することに。高彬の和歌が下手という障害も超えて、めでたく初夜を迎えるが、コトが成る前に弟・融が野盗に襲われ事態は一変。騒ぎの収集がつくまで結婚はお預けになってしまう。早い新婚生活を夢見て、事件に身を投じる瑠璃姫だが…

といったストーリーの、好奇心たっぷりな主人公・瑠璃姫をめぐるコメディ小説です。しかし、コメディでも背景設定などは本当にしっかりしていて、平安時代文学の世界観をつかむための教材ともなり得るほどです。

 高校生のころに一度は読んだことがあるのですが、前にblogで「人妻編以降はあまり好きじゃない」と書いたところ、価値観などに敬意を払える友人から、いやそうじゃない、是非読み直してくれ、と言われたのでその気になって読み直してます(笑) まずは一巻目。

 私は原作よりも山内直美さんによるマンガ版の方が親しみがありますが、小説は文字だからこそ、マンガ版では書ききれなかった細かい部分がありますね。例えば衣服についてだとか、高彬は琵琶が得意だとか。作中に高彬が琵琶を演奏してるシーンがあった覚えはありませんけど…ってよく見たら、マンガ版でもさらっですが触れられていました(^^;)

 他には左馬頭にスケベそうな目でじろじろ見られた時に、「とうさまや融や高彬の他に、男にじろじろ眺められたことがほとんどない」というのも貴族の姫君ならでは。でも、マンガでは単なるスケベな目線にぞっとする瑠璃となってます。まあ、マンガで書くと説明的になりますからね。

 読んで改めて思うのが、それぞれの人物の感情の自然さ。例えば最初の初夜未遂(?)の時、瑠璃姫が「結婚仕度の調度がなにもないのよ。大和絵の屏風や、蒔絵の櫛箱や、螺鈿の鏡台や、真新しい黒塗りの髪箱や……何ひとつないわ!」とゴネますよね。それに対して高彬は「吹き出し」「そんなもの…後でいくらでも揃うじゃないか。ぼくだって、後でいくつか届けさせるから」と答える。

 マンガだと視点になっている瑠璃姫に入れ込んで、高彬は気が利かないヤツだなんて思ってましたが、今読むと高彬の反応は、彼の性格と切羽詰った状況から言って、至極当然なんですよね。私も男ですし気持ちは分かるぞ、高彬(笑) マジメで有能と理想的なようでいて、堅物で恋愛には不器用な面がしっかり書かれてます。

 高校生のころに好んで読んだ小説、特に少年少女向けのものは今になって見てみると、登場人物の感情が綺麗過ぎて深みがなく、そんなんじゃないよ、と感じてしまったり、恥ずかしくて読めないようなものもありますが、『ジャパネスク』はそんなことは全くなく、むしろ平安もの小説として一つの頂点を成す作品ではないかと、改めて感じました。

 あと、あとがきで作者の氷室冴子さんが「もし今の私が、ジャパネスクのようなものを初めて書こうとしたら、情があって惚れっぽい女の子が、毎回、新しい男性となにかのご縁で出会い、うまくいきかけては、なぜかダメになる物語をイメージしたかもしれません」と書かれているのは、なんだか分かりますね…。高校生のころは全っ然分からなかったのですけど。私の恋愛観も変化したんですね〜(少し遠い目)。

 あ、ちなみに今回私が読んだのは1999年に出版された新装版です。下の画像も新装版のものですし、あとがきも新装版のものです。元々は1984年に出たものですが、新装版の時に挿絵が変わり、言い回しなども多少変えられたそうです。できれば旧版を読みたいのですけれど、(1)と(2)、『ジャパネスク・アンコール!』『続アンコール』までは高校生のころに手に入れたものが自宅に残っていたので新装版で。人妻編以降は手放してしまっていたので、古本屋で旧版を手に入れました〜。1冊100円で楽に(笑) あと(6)だけ手に入ってないので、探さねば!!

 blogでこんな長文を書くのは久しぶりです。

■関連記事
なんて素敵にジャパネスク(2)
ジャパネスク・アンコール!
続ジャパネスク・アンコール!
なんて素敵にジャパネスク(3)人妻編
なんて素敵にジャパネスク(4)不倫編
なんて素敵にジャパネスク(5)陰謀編
なんて素敵にジャパネスク(6)後宮編
なんて素敵にジャパネスク(7)逆襲編
なんて素敵にジャパネスク(8)炎上編
なんて素敵にジャパネスク 人妻編(マンガ版)

funabenkei | 本の感想(マンガ含) | 21:34 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH