花よりも花の如く

 再び訪れた神戸女子大学の古典芸能研究センターにて発見。

古典芸能研究センターにて

 成田美名子さんの能楽師コミック『花よりも花の如く』1〜3巻です! たぶん、あのセンター唯一のマンガではないかと(笑) でも、立派な古典芸能関連書籍ですもんね〜。

funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 03:05 | - | - | - | - |

青龍@菊屋

菊屋 青龍

 昨日の記事を書いたときには気付いていなかったのですが、復曲能『巴園』発表会の楽屋見舞にもらったこのお菓子、「青龍」という名前なんですね。うわー役名に因んだお菓子をワザワザ用意してくれるなんて嬉しいです!

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 23:17 | - | - | - | - |

能関係の切手

能の切手

 さて、前回書いた「プレゼント」の中にあった切手の話です。

 私は小学生のころ、友だちと切手集めに凝った時期がありました。その友だちとは別々の中学に進んだこともあって、切手集めもそれっきりなのですが、そのころ集めた切手や『日本切手カタログ1992』は手元に残ってます。『カタログ』を10年ぶりぐらいにめくって、いただいた切手がいつ発行されたものか調べてみました。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 23:29 | - | - | - | - |

まんじゅうのこの顔は!

紅白まんじゅう?

 「映像と囃子と絵本語りでつづる能の世界」の受付にて、片山清司師ご自身からいただいた俵屋吉富の紅白まんじゅうです。

 描かれているのはやっぱり片山清司師のお顔…なんでしょうねぇ(笑) 美味しかったです。俵屋吉富の社長は片山清司師と同い年だそうで、やはり同い年の茂山千三郎師と一緒に3人で、前に催しをされていましたね。その繋がりなんでしょうか?

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 23:50 | - | - | - | - |

両口屋是清 二人静

二人静

 両口屋是清の和菓子「二人静」。 この和菓子の存在は前から知ってました。とある知り合いから「両口屋是清のににんしずか、激ウマです」というメールを受け取ったものでして。

 今回やっと食べる機会を得ました。メールをもらってから、すでに4ヶ月が経ってますけれどたらーっ 和菓子用の砂糖を固めたらしいお菓子で、舌に含むとすぐ溶けて上品な甘味が残ります。抹茶とよく合いそうですね。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 23:10 | - | - | - | - |

お酒「猩々」

日本酒「猩々」

 先日、吉野へ行って来たのですが、その際、手に入れて飲んだのがこのお酒「猩々」です。お酒の好きな精霊「猩々」にあやかった名前ですね。箱の裏には「酌めども尽きず。飲めども変らぬ」と能『猩々』の謡の一節が書かれていましたし、完璧です。

 もっとも酌んで飲んでいたら無くなってしまいましたけど(笑) やはり本物の猩々に持って来てもらわないと、永遠の盃は手に入らない(^^;) 割と甘めで、飲みやすかったです。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 23:30 | - | - | - | - |

加賀宝生

加賀宝生(1)

 久しぶりの能楽関連のお菓子シリーズ(笑) その名も「加賀宝生」。金沢が「空から謡が降ってくる」と言われるまでに宝生流の謡が親しまれていた土地であることに由来する名前です。製造元は前に書いた横浜能楽堂の限定銘菓「鏡板」と同じ、落雁諸江屋です。

 実際にいただいたのは随分前なのですが、一時期カメラを行方不明にしてしまったりして、つい書くのを伸ばし伸ばしにしているうちに時間が経ってしまいました。なので感想も薄れており、味のレポートなどはできません(汗) 一応、参考ページを挙げておきますね。

諸江屋:加賀宝生
京のお菓子案内:諸江屋の生落雁

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 22:16 | - | - | - | - |

弁慶の釜

弁慶の釜(1)

 先月に「弁慶生誕の地」紀伊田辺に行ったときに買ったお菓子です。写真を撮って食べたのも随分前のことなのですけど、なんだかblogに書かないまま来てしまいました(^^;)

 紀伊田辺の駅からも近い闘鶏神社には、弁慶の産湯を沸かしたという釜があるのですが(なお、「○○出生の地」には産湯の井戸などは定番です)、その形を模したもなかとなっています。お菓子の由来について書かれた紙には、能『安宅』か歌舞伎『勧進帳』の弁慶らしい姿も描かれていますので、一応能楽グッズということで。延年の舞を舞っているところでしょうか。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 00:28 | - | - | - | - |

釣鐘まんじゅう

釣鐘まんじゅう(1)
 さて、道成寺の周りには例によってお土産屋がいくつか軒を連ねています。名物は安珍・清姫伝説にちなんだ「釣鐘まんじゅう」。

 「甘さ控えめでスッキリとしていてでおいしい」とは、メインの道成寺に入る前からパクついていた連れの言葉。蜂蜜入りのカステラ生地の中に餡が入ってます。写真はこし餡のものですが、ほかに白餡や粒餡も。午前中なら焼きたてのものが食べれます。「ホクホクとしていてGood」なんだそうな。1個100円。

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 19:29 | - | - | - | - |

横浜能楽堂限定銘菓「鏡板」

鏡板の箱

 横浜能楽堂限定のお菓子「鏡板」です。私は横浜能楽堂には行ったことがないのですが、「銘菓おきな」と一緒にいただいたものです。「能・狂言関連菓子・雑貨類リスト」作りは文字通り、「美味しい」企画となってます。甘いの、割と好きなんですよね(^^)

 円筒形をした落雁で、中に入った餡との組み合わせがとても美味しいお菓子です。上品な甘さ(こればっかだな。もっと語彙を増やしたい)です。一口サイズのため、パクパク食べてしまいました(苦笑)

続きを読む >>
funabenkei | 能・狂言関係グッズ | 21:27 | - | - | - | - |
1/2PAGES | >> |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
成田 美名子
能楽師を主人公にしたコミック第7巻。今回は憲人出演のTVドラマのお話がメイン。ドラマの舞台が京都なのが関西勢としてはちょっと楽しい。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

CDなのに深いコミや息使いが感じられるかのよう。最高の能楽囃子CDだと思います。
RECOMMEND
中・高校生のための狂言入門
中・高校生のための狂言入門 (JUGEMレビュー »)
山本 東次郎, 近藤 ようこ
中・高校生に独占させるのはもったいない狂言入門書です。"再入門"にも最適。
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH